« The George Shearing Quintet With Dakota Staton「In The Night」Capitol T1003 | トップページ | Jimmy Witherspoon 「A Blue Point Of View」Verve V5007 »

Esther Phillips「Confessin’ Blues」 Atlantic SD1680


アトランティックに入っても昔とった杵柄とでも言うように、Bluesを唄うエスターではあるけれど、そこはリトル・エスター時代とは一味違う彼女独特の臭みを増したものに。
まさにエスター節爆発。
70年代にはKUDUで大ヒットを放つ彼女だが(来日ステージを見に行って少しがっかり)、この時代はまだそこまで洗練されてはいない。
しかしBluesとJazzの狭間で生きてきた彼女がこのアトランティックで可能性を広げたのは事実、BluesからJazzへそしてSoulからPopsへクロスオーバーしていく魁となった重要な時期であった。「Confession Blues」ははまりすぎでもあるが、なんと言っても「Cherry Red」にとどめをさされる。
Herb EllisがJazz Guitaristらしからぬエグいギターを聴かせる「I Wonder」も心に深く突き刺さるBlues Ballad。

|

« The George Shearing Quintet With Dakota Staton「In The Night」Capitol T1003 | トップページ | Jimmy Witherspoon 「A Blue Point Of View」Verve V5007 »

P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174761/9616447

この記事へのトラックバック一覧です: Esther Phillips「Confessin’ Blues」 Atlantic SD1680:

« The George Shearing Quintet With Dakota Staton「In The Night」Capitol T1003 | トップページ | Jimmy Witherspoon 「A Blue Point Of View」Verve V5007 »