« Peggy Lee And George Shearing「Beauty And The Beat」Capitol ST1219 | トップページ | Esther Phillips「Confessin’ Blues」 Atlantic SD1680 »

The George Shearing Quintet With Dakota Staton「In The Night」Capitol T1003


George Shearing はMel Torm、Nat King Coal、Nancy Willson等と競演盤を残しているがいずれも佳作である。
この盤はDakotaのアクとQuintetの粋さが絶妙に溶け合って気持ちの良い部分と、一曲ごとに聞かれるQuintetによるインストがDakotaの曲とかい離しているという部分を持つユニークな結果を生み出している。
「In The Night」や「The Thrill Is Gone」が渋いがやはり彼女には「Confessin’ Blues」のような曲がどんぴしゃ。

|

« Peggy Lee And George Shearing「Beauty And The Beat」Capitol ST1219 | トップページ | Esther Phillips「Confessin’ Blues」 Atlantic SD1680 »

S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174761/9616443

この記事へのトラックバック一覧です: The George Shearing Quintet With Dakota Staton「In The Night」Capitol T1003:

« Peggy Lee And George Shearing「Beauty And The Beat」Capitol ST1219 | トップページ | Esther Phillips「Confessin’ Blues」 Atlantic SD1680 »