« Bobby Darin「Winners」ATCO SD33-107 | トップページ | Doris Day 「In Songs From“Love Me Or Leave Me」Columbia CL710 »

Perry Como「A Sentimental Date With Perry Como」Victor EPB1177

Como1

When Day Is Done」つながりで今回ご紹介するComoのアルバムは45回転17センチ盤が2枚組まれた所謂EP盤のアルバムです。

本来は同名のPM3035という10吋盤のミニアルバム化盤なのですが、オリジナル10吋が8曲しか収められていないものが、こちらは9曲構成、曲目も少し違っています。

12吋盤LPM1177の縮小盤というのが本当のところだと思います。

このEP盤というのが日本で言うドーナツ盤なのですが、裏表それぞれ複数曲収録されているのが日本とは違うところです。昔あった4曲入りコンパクト盤(CDではないです)と同じコンセプトなのですがコンパクト盤が33回転であったのに対しこちらは45回転。ダイナミックレンジが狭くなるところを回転数を早めて音質を稼いでいるので良い音です。

何より17センチサイズのジャケットがLPと同デザインでもまた違う雰囲気をかもし出しています。

正直このアルバムはジャケ買いで購入したもの。

SP時代の録音集ですので50年代中期~60年代の彼のアルバムたちと若干雰囲気が違っていて購入してからあまり針を降ろしていなかったのですが、こうして古風なジャケを見ながらノスタルジックなサウンド聴くというのはなかなか良いものです。

When Day Is Done」は、モダンなブルーバラードに仕上げたDarinのバージョンを聴いて50年代後期の曲かと思っていたのですが、実はかなり古い曲、30年代の曲ではないかと思います。

Sinatraも古い録音を残していますが、一日が終わるとき恋人のことを想うこの曲。

Darinは恋人のいない夜の帳に一人いる寂寥感をぎりぎりの切なさで唄っていたのですが、Comoの唄の柔らかい哀切感は、寂しさもまた良しと思える雰囲気です。With A Song In My Heart」「What’ll I Do?」「Body And Soul」「Carolina Moon」等彼のスムースなバラード唱法が楽しめるアルバムですが「「Love Me Or Leave Me」の柔らかスイング感も彼の持ち味です。

デヴュー当事のヒット集「Relaxing With Perry ComoLPM1176も同趣向のジャケットが楽しめる好盤です。

Como2_3

|

« Bobby Darin「Winners」ATCO SD33-107 | トップページ | Doris Day 「In Songs From“Love Me Or Leave Me」Columbia CL710 »

C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174761/42038914

この記事へのトラックバック一覧です: Perry Como「A Sentimental Date With Perry Como」Victor EPB1177:

« Bobby Darin「Winners」ATCO SD33-107 | トップページ | Doris Day 「In Songs From“Love Me Or Leave Me」Columbia CL710 »