« 2008年8月 | トップページ | 2009年3月 »

Debbie Reynolds「Debbie」Dot DLP3191

Debbie

私の部屋のスピーカーは古いJBLを使っているのですが、もっと能率の良い最近のモデルのスピーカーに替えたいと思っていました。

しかしこの「Debbie」を聴いて気が変わりました。

モノラルなのに奥行きのある音、そして目の前まで迫ってくるDebbieの生々しい唄声を聴くとやはりこのスピーカーは手放せないかなと思います。

そんなDebbieの声が聴けるアルバムは「Mean To Me」つながりで彼女のアルバムの中でもスタンダード中心のこの「Debbie」。

「雨に唄えば」でお馴染みのミュージカルスター、映画ではおきゃんで元気溌剌と唄うというイメージの彼女。

でもじっくりレコードを聴いてみると、意外と声量が無くて、音程も若干微妙なところが。

しかしその声量の無さがマイクに寄り添うように唄う吐息を生んで、それが前述した「Vocalなら任せて」というスピーカーから溢れてくる訳で、はまってしまいます。

特に「Mean To Me」は「何故酷い仕打ちしかしてくれないの」と言う切なさが吐息になってスピーカーから吹き出てくるようで、いつの間にかスピーカーの前で顔を突き出して吐息浴びている自分に苦笑してしまいました。

アルバム全体もしっとり系でまとられていて、久々に繰り返しターンテーブルに載せるアルバムの出現となりました(出現といったって買ってから89年経っているわけで、いかにちゃんと聴いていなかったかということです)。

取り上げられることの少ない「You Won’t Be Satisfied」「You Couldn’t Be Cuter」「Here I Am In Love Again」等の佳曲が多いのもこのアルバムの特徴。

有名曲では、この曲でこんな切ない雰囲気のバースは無いだろうという導入の「Moonglow」が印象的、さすが女優さんです。

このあと「Fine And DandyDot DLP3298というアルバムも出したのですが、更にジャズィでこれもお奨めです。

Debbiefainanddandy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Doris Day 「In Songs From“Love Me Or Leave Me」Columbia CL710

Doris_love_or_leave_2

Love Me Or Leave Me」つながりでアップするのはDori Dayの同名アルバム。

このレコードは映画「Love Me Or Leave Me」のサウンド・トラック・アルバム。

1930年代の歌手Ruth Ettingの伝記映画、子供のころ夕方からやっていたテレビの洋画劇場で見た記憶があるのですが、内容は全く覚えていません。

覚えているのが邦題の「情欲の悪魔」というタイトル。

子供心にドキドキして見たような記憶がうっすらとあるのですが、内容はタイトルのどぎつさとは違ったものだったような気がします。

この映画、現在では英語版のDVDしか流通していないようなので簡単に見ることは出来ないのですが、内容はDoris Day扮するRuth Ettingと彼女に執拗なまでの愛情で迫るJames Gagny扮するシカゴのギャングの愛憎劇。

このギャングのRuseを独占しようとする欲望が「情欲」ということで、決して性的な「欲情」のことを強調した訳では無いのですが、英訳すると情欲も欲情も性的な欲望になってしまいます。

どちらにしても現代ではこんな邦題はつけませんね。

肝心のアルバムはというと1930年代の曲ということで今では聞かれなくなった古い曲も多く、映画化当時のモダンな仕上がりにしてるとはいえ、彼女の明るい唄い口のせいもあって映画の挿入歌の域を出ない曲が並んでしまったというのが印象です。

古い曲はオリジナルのRuthのほうが数倍良いかなという感じ。

それでもタイトル曲や「You Made Me Love You」「Mean To Me」等後世まで歌い継がれた曲というのは力があって、Dorisの唄も趣新たに聴かせます。

Ruthのアルバムも聴きなおし古風な佇まいにしばしタイムスリップしました。

Ruth Etting 「The Original Recording Of Ruth Etting Love Me Or Leave MeColumbia ML5050

Ruthetting2_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年3月 »