« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »

Eddie Fisher「I’m In The Mood For Love」Victor LPM3058

Eddie_fisher

今回はDebbie Reynoldsから人脈つながりで元旦那のこの人。

スター・ウォーズのレイア姫

,Carrie Fisherのお父さんという紹介の仕方のほうが日本では知名度が高いと思います。

男性白人ポピュラー歌手というのは当時から日本ではあまりはやらないというかレコード会社も力を入れないようで、同年代のVic Dammonもそうですが本国に比べると全く人気が有りませんね。

子供のころ「Oh My Papa」がラジオで流れていたのを覚えているぐらい。

俳優稼業のほうが有名、でも印象が薄い人。

Debbieと別れてElizabeth Taylorと結婚するきっかけとなった「バターフィールド8」も見ているんですが子供のときだったのでよく覚えていません。

アルバムも何枚か持っていますが今まであまりじっくり聴いていなかったというのが本音。

今回色々聞きなおしてみると、当たり前だけれど上手い。

一時はSinatraよりも売れていた人、今回のご紹介はそんな時期の初々しい唄が聴ける10吋盤。

内容は表題曲をはじめとするバラード8曲をストレートに唄っているだけ。

後年バリトンになる彼の声はまだテナー、初々しく切々と歌う声がラブ・バラードにあっていて、あざとさが無い分歌と声の良さを真っ直ぐ伝える良いアルバムなっています。

表題曲を始め「You’ll Never know」「Hold Me」「That Old Feeling」「Full Moon And Empty Arms」「Paradise」「I’ve Got You Under My Skin」今でも残る名曲が並んだ選曲もロマンティックです。

ハイライトは「Everything I Have Is Yours」、近年では歌われることの少ないこの名曲を、当時の彼ならではの絶唱で聞かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »