« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

Judy Garland「Judy In Love」Capitol ST1036

Judy_in_love

I’m Confessin’ つながりでJudy の秀盤のご紹介。

この曲は5年ほど前にDoris Day の「Day Dream」でも少し紹介したのですがhttp://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/04/dorisdaydaydrea_1629.html

Dorisに唄われると、ちょっと貞淑そうな人妻にそっと告白された感じ。

これが前出のMary Fordだと、古女房に何気なくつぶやかれて「何いまさら言ってんだよ」って照れる感じなのですが、このJudyの少ししわがれた声で告白されるとちょっと怖いですね。

オズの魔法使いで可憐な少女を演じた彼女もこのアルバムを録音した頃は30代半ば、本来なら女性が一番艶っぽい時期。

しかし酒とタバコと舞台での喉の酷使で声はお世辞にも綺麗とは言えません。

彼女はショウ・シンガーのように声を張り上げて歌うことが多いので、この声質とあいまって私にとってあまり心地よい唄を歌ってくれるタイプではありません。

しかしこのレコーではちょっと古風に気持ちを抑えた唄がNelson Riddleのモダンなアレンジに包まれて、ジャケットどおりの愛らしいアルバムに仕上がっていると思います。

I Hadn’t Anyone Till You」「More than You Know」等アルバムの雰囲気を壊さない選曲も良いですが、彼女の十八番「Zing! Went The Strings Of My Heart」のポップな曲調が結構残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Les Paul With Mary Ford「The New Sound Vol.2」Capitol SM286 

Les1

Bucky Pizarellie の Les Paulへのオマージュでご本家の「Just One More Chance」が聞けるアナログ盤は色々あるけれど私の家にあるのはこれ「The New Sound Vol.2」です。

この曲、SP時代の録音なのでLPで聴くとなるとコンピ盤しかないわけで、彼らLes PaulMary FordCapitol時代のコンピレーションなんて山ほどあるのでCDでも簡単に聞くことが出来ると思います。

今回、彼らのこのようなコンピ盤はあまり通して聞くことが少ないことに気がつきました。

もちろんLesのギターを聞く分にはこういう編集盤は最適なのですが、今回の「Just One More Chance」のようなVocalものをじっくり聞くとなるとチョット。

このようなバラードならMaryのやさしい歌とLesの甘美なオブリガートとソロの調和が取れていて非常に心休まるのですが、アップテンポの曲になるとLesの超絶技巧が耳についてMaryVocalをじっくり楽しめない、これって贅沢な悩みなのかも。

結局彼女は彼のギターを際立たせる添え物?いやいやそうじゃないですね。

暖かく、優しく、心地よく、聞く人の心に安らぎを与えるそんな声と唱の持ち主。

結局このアルバムでもこの曲や「I’m Confession」「The Moon Of Manakoora」等のバラードを抜き取って何回もかけることに(これって邪道?)。

しかしLesのような鈴の音のような音を出すってのはなかなか難しいですね。

まあ多重録音+ピッチ上げということもあの音の要因かとは思うのですが。

ところで彼らの映像を見るとMaryのギターもなかなかの腕前、生で二人の音が聴けた時代が羨ましくなります。

     彼らのサウンドをじっくり聞くなら「Time To Dream」「Les And Mary」などのアルバムもお勧めです。

Les3

Les2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »