« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

Ray Charles「Dedicated To You」ABC Paramount ABCS 355

Ray_dedicated

RayParamountに移ってからスタンダードのアルバムを数多く作っているのですが、それで彼の黒さが薄まっているわけではなく非常にソウルフルなスタンダードの解釈となって、それが私にはとても美味しく感じられるわけです。

この「Ray CharlesDedicated To You」と言うアルバムはParamountに移籍して2作目のアルバム、1作目はあの大ヒット「Georgia On My Mind」が入っている「The Genius Hits The RoadABCS 335

1作目が地名にちなんだ曲を集めた企画だったのに対し、このアルバムは女性の名前にちなんだ曲を集めると言う企画盤。

大レーベルでのあざとい企画かと言うとそうではなく、女性の名前にひっかけたなかなか粋な選曲になっているのがミソ。

曲目は「Hardhearted Hannah」「Nancy」「Margie」「Ruby」「Rosetta」「Stella by Starlight」「Cherry」「Josephine」「Candy」「Marie」「Diane」「Sweet Georgia Brown」12曲、バラードが多いのもソウルフルだけれどもムーディで聴きやすいアルバムになっている理由だと思います。

こういうスタンダードをレイが唄うのと他の黒人クルーナーが唄うのでは何が違うのでしょう。

ソウルが込められているとかブルージィだからだとかというのであれば他のシンガーだってそれぞれそういうものがあるわけで、やはり決定的に違うのは彼の唄に聞かれるうめき感だと思います。

決して美声では無く声域も狭い彼がレンジを越えた音域で発する声にならない声、そしてさりげなく、しかし、いたるところで聞かれるメリスマ、ブルースのタイム感それらが渾然一体となってソウルとなっているのではないでしょうか。

シナトラの唄「Nancy」、懐かしい映画から「Ruby」、ジョニー・マーサーの「Candy」、皆黒くレイに塗り替えられています。

古い曲「Cherry」、古きよき時代の優雅さと曲解釈のモダンさが見事に溶け合ってこの曲のベストヴァージョンになっていると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »