« Billie Poole「Sormonette」Riverside RLP 425 | トップページ | Dinah Washington「The Queen」Mercury MG20439 »

Dinah Washington「A Stranger On Earth」Roulette SR25253

Stranger_on_earth2

今回は Billie Pooleがアルバム「Sormonette」で唄ったDown In My Own Tears」繋がりでDinah WashingtonRoulette時代のアルバム「A Stranger On The Earth」のご紹介。

実はDinahはこのRay Charlesの創唱したR&Bの名バラードを人生で2度録音しています。

最初の録音は1956Mercury Record時代、ちょうどRayの吹き込みの1年後ぐらいのことになると思うのですが、タイトルを「I’ll Drown In My Tears」として

とても素晴らしいR&B,Soulヴォーカルの化身のような録音を残しています。

しかし、どういうわけかMercuryはこの録音をレコードにしていないようです。

私の所有している「The Complete Dinah Washington On Mercury vol.5」の解説にはこの曲は未発表ということでレコード番号が振られていないのです。

この時期はMercuryが「For Those In Love」「The Swingin’ Miss D」「Dinah」「In The Land Of Hi-Fi」という彼女の人生の中でももっとも充実したJazzやジャーズィなスタンダードアルバムをリリースしていた時代。

会社の方針はあの「Dinah Jam」で注目を集めたあと、上記のようなJazzよりのアルバムをリリースすることで彼女をSarah Vaughanよりもさらに黒いJazzヴォーカリストとして位置づけたかったのかもしれません。

そんな時期このSoulヴォーカルの化身のような「I’ll Drown In My Tears」をリリースすることは戦略的に躊躇することだったのかも知れません。

それから5年後、1962年彼女はMercuryからRouletteに移籍します。

そして63年に亡くなる短い期間に90数曲の録音と9枚のアルバム残しています。

ここでタイトルをDown In My Own Tears」に戻した録音は2枚のアルバム「Dinah 63http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/dinahwashington_2e65.html

今回ご紹介する「A Stranger On Earth」に収められて発売されています。

この2枚のアルバムに収められているヴァージョンは同じテイクのものだと思いますが、時間があればピッチ等を測ってまったく同じものかチェックしてみたいと思っています。

このルーレットというレーベルはJazzからPopsまで幅広く、悪く言えば節操なくいろんなジャンルのポピュラーレコードを集中的に量産したレーベルですが、それがJazzBluesR&BだとジャンルにこだわることなくDinahのありのままの唄でより自由でモダンな歌を残す結果になったのだと思います。

この「A Stranger On The Earth」は彼女が亡くなってからリリースされたもの。

彼女の残された録音と既発アルバムからブルージィな曲、ブルースよりの曲を集めてアルバムとしてまとめています(本来この曲は「Dinah 63」に収められ、彼女の死後、よりブルージーな選曲の「A Stranger On Earth」に再収録されたものと思われます)。

彼女はデビュー時から「ブルースの女王」と呼ばれていましたが、あまりにもはまりすぎているため12小節のブルースを唄ってもあまり印象が残りません。

やはりスタンダードをブルースにして唄ってしまう、その感触がよいわけでそのもっともよい部分が表れるのがやはりこの曲Down In My Own Tears」のようなソウルバラードだと思います。

このルーレット録音では混声コーラスを従え、まるでゴスペルのようなコール&レスポンス風のアレンジで歌っています。

深さではMercury録音に軍配が上がるかもしれませんが、モダンさではこのルーレット録音に惹かれます。

そう意味でタイトル曲の「A Stranger On Earth」も彼女の黒さとモダンさが絶妙にブレンドされた佳曲だと思います。

このような録音を残したDinah、本当にあのまま彼女が生き続けて、唄い続けていたならR&Bにポピュラーヴォーカルにどのような影響を与え続けていったのだろうかと悔やまれてなりません。

そして彼女の偉大な功績がルーレットという,何でもありのレーベルで終わったことによって埋もれてしまったことも非常に残念です。

この時期の彼女の歌がもっと聞かれ、再評価されることを心から願います。

ルーレットはEMIに吸収され、今ではCD化された作品も多く比較的容易に聞くことができるアルバム多くなってきました、このブログにお立ち寄りくださった方、是非一度お聞きになることをお勧めします。

*このアルバムでは「The Blues Ain’t Nothin’ But A Woman Cryin’ For Her Man」「Nobody Knows The Way I Feel This Morning」「Me & My Gin」などのストレートな12小節ブルースも収められていますがMercury時代のブルースよりもリラックスしてモダンです。

|

« Billie Poole「Sormonette」Riverside RLP 425 | トップページ | Dinah Washington「The Queen」Mercury MG20439 »

W」カテゴリの記事

コメント

以前この掲示板にお邪魔させていただいていた者です。お久しぶりです。といっても覚えていらっしゃるかわかりませんが。シナトラ、ヴィックダモン・・etcでなんとなく思い出していただけるかもしれません。


ダイナワシントン、昨日クリフォードブラウン達と共演したアルバムを買いました。お目当てはクリフォードでした。(3年前からトランペットを始めたもんですから・・ )内容はアップテンポが多くて、クリフォードをはじめとするトランペッターに聴き入るばかりでした。しかしながらユーチューブで「縁は異なもの」を聴いてみたらなかなか良いですね。もしかしたら「dinah jams」は入門編でないのでしょうか。以前管理人さんがエラフィッツジェラルドの「インベルリン」がバリバリのスキャット歌手のように捉えて次に進めなくなるから最初に聴くアルバムではないと、コメントされたように。

記憶をたどってこのページで管理人さんがダイナワシントンをかなりプッシュされていたのを思い出して来てみましたらなんと彼女の特集・・・何やらものすごい偶然を感じます。

「I’ll Drown In My Tears」、ユーチューブでノラジョーンズ盤しか聴けませんでした。ソウルを感じるのはダイナ盤なのでしょうね。そのうち聴いてみたいと思います。

投稿: 29才 | 2011年6月24日 (金) 22時04分

29才さん>あれから8年たったのですね。
よ~く覚えていますよ、ペット始められたのですね。
始めて3年というとバンド活動もされているのではないでしょうか。
「Dinah Jam」は絶対最初に聞くアルバムでは無いということをことあるごとに言ってきました。
私もこのアルバムを聞いてしばらく彼女を聞きませんでした、そんな状態を救ってくれたのが
やはり「縁は異なもの」でした。そんなDinah Jamへのちょっと腹立たしい気持ちはMixiの日記に書いておきましたhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1735752233&owner_id=9213470
もしMixi環境をお持ちでなければ以下抜粋しておきます。~「ここで私が言いたいのは評価されていないということで、評価が蔑ろにされているということです。
Jazz vocal史上重要な歌手達の中の代表として取り上げられ、その重要性や素晴らしさがどのVocal本を見ても評価されていると思います。
では彼女の独創性は何故評価に値するのでしょうか、彼女は歌を噛み砕くとき自らの中にあるブルースとゴスペルのリズムに唄をシンコペートさせそこにブルースのメリスマとゴスペルのシャウトを織り交ぜていくのです。
ですから彼女の唄う、ポピュラーソングはフレーズを切り、くくり、しゃくりあげ、そして伸ばして聞こえるのです。
この独創性はその後多くの歌手に影響を与え現代のポピュラーヴォーカルの礎になっているといっても過言は無いと思っています。
60年代のJazz・コンテンポラリーヴォーカリストの太い幹にNancy Wilsonが、そして
Soulヴォーカリストの太い幹にAretha Franklinがいます。
この2人が多大な影響を受けているのがDinahです。
Dinahから彼女たちへそして、面々と続くブルースを根底に持つ黒人女性ヴォーカリストは更に人種の枠をこえ現代のVocalistに受け継がれているのです。
それはBillie Holydayから始まるJazz Vocalの流れに絡み付いて更に大きく現代ヴォーカルに大きく影響を与えているのですが、ここの評価が正当に論じられていなでしょう。
そして、さて今度はVocal本で彼女を知り彼女のCDを購入しようとしてAmazonをチェックしたとしたら如何でしょう?
カタカナでダイナ・ワシントンと打ち込んで検索してみてください。
ヒットする彼女のオリジナルフォーマットの国内プレスCDは2枚だけであとは全てコンピレーション盤です。
一枚はあの「Dinah Jam」です。
私はこのアルバムを彼女の代表作に上げる紹介本を見ると引き裂きたくなります。
このなんのまとまりも無い、ただ黒人の声の大きな女ががなってるという印象のアルバムをなぜ初心者に推薦するのでしょう(もちろんこのアルバムは重要です彼女を聞き進むうえで絶対はずせないアルバムです)。
このアルバムを聴いて彼女を嫌いになるリスナーがどれだけいるか、レコード会社はわかっていないのでしょうか?
もう一枚は「What A Diffirence A Day Makes」です。
このアルバムはヒットアルバムですし、先ほど記述したポピュラーソングを唄ったときの彼女の素晴らしさを表すアルバムの一枚だと思います。
しかしもっと聴いて欲しいアルバムがいっぱいあるんです。
他のヴォーカリストをAmazonでカタカナで検索してみてください、EllaをSarahを、そして白人美人ヴォーカリスト、たとえばJulie Londonを。
検索すると国内プレスの彼女達のオリジナルフォーマットのアルバムリリース量の多さに驚かれると思います。
初心者は国内プレスを買って、そこに書かれている解説でアーティストの情報を知り佐Rに他のアルバムを買い足していく、売れていくという構図があると思います。
レコード会社が評価を蔑ろにして、売る努力も彼女の現代ヴォーカルへの影響度も解説しないままに、アルバムをリリースしない。
この状況は彼女を蔑ろにしているとしか説明できないです。
私は彼女の素晴らしさをもっと広めて多くの人に聴いてもらいたい。
残念ながら稚拙な表現しか出来ないため思いを伝えられなく、今だリスナーは少ないのですが~」とまあ彼女の評価・知名度の低さに何とかしなければといろいろ拙文を書き連ねております。
このブログもカテゴリー「W」で検索していただくとDinahのアルバム紹介をまとめてみることができます。http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/w/index.html
ジャケットはこちらです。http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/photos/black_royal/1.html
相変わらず、黒いところをまさぐっております。
これからもご訪問お待ちしております。
次のアルバムもDinahを予定しております。
ペット吹きなら一寸気になるアルバムになります。

投稿: ebi | 2011年6月25日 (土) 11時23分

8年ですか・・・あの頃は20代が始まったばかりだったのに今はもう20代終わりかけているとは(笑 月日がたつのは本当に早いですね。管理人さんもお元気なようでなによりです。

トランペット、考えていた以上に難しいです。その日の体調や唇の状態でまったく調子が変ってしまいますし・・。ヤマハで一緒の方から楽団を紹介されて仮入団しましたが、まったく付いていけず、吹いたふりをしてます(笑 

もともと好きなメロディーをただ自分の心の赴くままに吹ければいいと思ってたもんですから。まあなんとかついていけるように頑張ります。

>しかしもっと聴いて欲しいアルバムがいっぱいあるんです。
他のヴォーカリストをAmazonでカタカナで検索してみてください、EllaをSarahを、そして白人美人ヴォーカリスト、たとえばJulie Londonを。

エラフィッツジェラルドは開拓してないですね・・ボーカル好きで普通ありえないですけどね(笑 レコードも2,3枚あるかないかです。そのうちなんとか。まあ黒人女性ヴォーカルはオリジナル盤でも手が出るくらいの値段(3000円~5000円くらい)で売っているのをディスクユニオンなどで見てますから今度探してみます。

サラヴォーンはやはりクリフォードと共演したアルバムは聴いたことがあります。バードランドの子守唄はヤマハでも取り上げられ、好きになった曲の一つです。

ジュリーロンドンは「ロンドンバイナイト」なんかいいですね。オリジナル盤を3700円くらいで手に入れました。店の中で流してもらったら数秒で魅了され即ゲット。メジャーなボーカルのオリジナル盤が3~4000円で買えるのはありがたいことです。

>私はこのアルバムを彼女の代表作に上げる紹介本を見ると引き裂きたくなります。
このなんのまとまりも無い、ただ黒人の声の大きな女ががなってるという印象のアルバムをなぜ初心者に推薦するのでしょう(もちろんこのアルバムは重要です彼女を聞き進むうえで絶対はずせないアルバムです)。

熱いですね(^^ ダイナへの思いがひしひしと伝わってきます。私の持っている女性ボーカルの本では「メローママ」がお薦めの一枚でした。

また来ます。よろしくお願いします。

投稿: 29才 | 2011年6月28日 (火) 23時02分

29才さん>私のコメントの内容はMixiから抜粋したもので,Dinahは本当に評価が蔑ろにされているか?という問いに答えたものです。
Dinahのアルバムで他に聞いてほしいものがあっても国内プレスのアルバムは2枚しかないEllaやJulie・Londonのアルバムをカタカナで(国内盤)Amazon検索するとどっさり出てくる、その差がDinahを蔑ろにしていることを如実にあらわしているということを言いたかったわけでEllaやJulieを聞いてくれといっているわけではないのですが、私の文章が下手で申し訳ありませんでした。

投稿: ebi | 2011年6月30日 (木) 11時46分

管理人さん

いえ、文章を正しく理解できない私のせいです^^:こちらこそ申し訳ありません。

ただ以前エラやサラ、メルトーメといった歌手をもっと聴いてほしいといったメールを頂戴したこともありましたので。

いずれにしましても次のアルバムのご紹介楽しみにしております。

投稿: 29才 | 2011年6月30日 (木) 23時43分

初めてカキコさせていただきます。ナミと申します。ケニーズではお世話になりました。
さっそくですが、まさにアレサ・フランクリンなどは評価されていますね。後期型と言えばいいのでしょうか…うまく言葉が見つからず申し訳ありません。BBの映画により、注目されてき始めた、といったところでしょうか。ただ、原点回帰にはなかなかならないのが現状ですね。
フレーズのチョイスや個性あるあの声は生で実に聴いてみたいものです。
突然横からカキコ失礼いたしました。
感銘を受けましたもので・・・。
次のアルバムのご紹介、楽しみにさせていただきます!

投稿: nami | 2011年8月16日 (火) 20時49分

ナミさん>アレサがお好きなんですよね。彼女は私が評価の見直しを力説しているこのダイナ・ワシントンのフォロワーでした。
このブログで紹介しているアレサのアルバムはまだクイーン・オブ・ソウルとして開花する前のものですが、ダイナの影響を受け今まさに開花しようとする寸前のものです。
もしあれさがお好きならば、機会を見つけてダイナをお聞きになって見てくださいな。http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/arethafranklinl_a1e2.html
http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2003/12/arethafrankliny_d489.html

投稿: ebi | 2011年8月17日 (水) 14時22分

ebiさん>
アレサ好き、といいますか、アレサを歌うのが好きなんですー。開花する前の彼女のアルバムもいいですよね。ダイナのソウルを受け継いでいるように思うのは私だけでしょうか?
エビさんを見ていると、フランクシナトラを思い出すんです。なぜでしょう?なんだか物静かな割に・・・ってところが@ω@;
わざわざログURLいただきまして有難うございます!

投稿: ナミ | 2011年8月18日 (木) 03時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174761/51920440

この記事へのトラックバック一覧です: Dinah Washington「A Stranger On Earth」Roulette SR25253:

« Billie Poole「Sormonette」Riverside RLP 425 | トップページ | Dinah Washington「The Queen」Mercury MG20439 »