Eddie Fisher「I’m In The Mood For Love」Victor LPM3058

Eddie_fisher

今回はDebbie Reynoldsから人脈つながりで元旦那のこの人。

スター・ウォーズのレイア姫

,Carrie Fisherのお父さんという紹介の仕方のほうが日本では知名度が高いと思います。

男性白人ポピュラー歌手というのは当時から日本ではあまりはやらないというかレコード会社も力を入れないようで、同年代のVic Dammonもそうですが本国に比べると全く人気が有りませんね。

子供のころ「Oh My Papa」がラジオで流れていたのを覚えているぐらい。

俳優稼業のほうが有名、でも印象が薄い人。

Debbieと別れてElizabeth Taylorと結婚するきっかけとなった「バターフィールド8」も見ているんですが子供のときだったのでよく覚えていません。

アルバムも何枚か持っていますが今まであまりじっくり聴いていなかったというのが本音。

今回色々聞きなおしてみると、当たり前だけれど上手い。

一時はSinatraよりも売れていた人、今回のご紹介はそんな時期の初々しい唄が聴ける10吋盤。

内容は表題曲をはじめとするバラード8曲をストレートに唄っているだけ。

後年バリトンになる彼の声はまだテナー、初々しく切々と歌う声がラブ・バラードにあっていて、あざとさが無い分歌と声の良さを真っ直ぐ伝える良いアルバムなっています。

表題曲を始め「You’ll Never know」「Hold Me」「That Old Feeling」「Full Moon And Empty Arms」「Paradise」「I’ve Got You Under My Skin」今でも残る名曲が並んだ選曲もロマンティックです。

ハイライトは「Everything I Have Is Yours」、近年では歌われることの少ないこの名曲を、当時の彼ならではの絶唱で聞かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aretha Franklin「Laughing On The Outside」Columbia CL2079

Laughing_outside

Columbia時代のアレサはスタンダードを歌っているアルバムがかなりあるのですが、アルバム単位でCD化されることがないですね。

このあと出しているDinah Washingtonへのトリビュートアルバムなどアルバムごとのコンセプトに沿ってCD化されると良いと思うのですが。

でもNatのぐっとこらえて微笑んでいる「Laughing On The Outside」と比べると我慢できずに泣き出しそうな同曲はいかにも彼女らしいです。

Skylark」「For All We Know[Say It Isn’t So]Until The Real Thing Come Along」などの通好みの曲を真っ黒に唄っている好盤ですが、矢張りColumbiaの売り方がまずかったんでしょうね。Jazzファン、Soulファンどちらからもあまり支持を受けられなかったようですね。

やはりソウルっぽい「I Wonder」がはまりなのですが、Dinahへの思いの強い「I Wanna Be Around」が良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Ella Fitzgerald「Early Ella」Decca Dl4447

Early_ella

Mixed Emotions」という曲はスインギーに歌われることも事もあるけれどやはりしっとりとバラードで聴きたい曲ですね。

Ray Charles Singersをバックにこの曲を歌うEllaの声は少女のように可憐です。

澄んだ高音の可憐さはこの後年齢を経ても変わらない彼女ですが、このころは低い声も太くなくとても甘く涼やかで心地よいですね。

サブタイトルにGreat Ballads By  Ella Fitzgeraldとある彼女のDecca時代のSP録音を集めたこのアルバムは、ノスタルジックなコーラスに包まれたバラード集。

以前ご紹介した「Ella And Nice Guyshttp://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/01/ellafitzgeralde_f75d.htmlは有名なコーラスグループとの競演を集めたコンピレーション盤でしたが、こちらの盤は主役はあくまでElla、そっと寄り添うコーラスがナチュラルです。

SP集なので最近では聞かれること無くなった曲が多いのですが、「Mixed Emotions」をはじめ「I Hadn’t Anyone Till You」「Walkin’ By The River」等良い時代の曲満載です。なかでも「It’s Too Soon To Know」のちょっと鼻にかかった歌い方には、今年一年仕事で張りつめていた心と体を蕩かされてしまいました。

「い

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Helen Forest「Miss Helen Forest」Capitol T704

Misshelenforest_1

I Don’t Want To Walk Without You」のような古い曲は彼女のような古風な歌い方の人に歌ってもらうと時代に酔えますね。

このアルバムは彼女がかつてバンドシンガーだった頃のレパートリーを再演すると言う企画、若い時の華やかさはありませんが懐かしさをこめてじっくりと丁寧に歌われた唄は聴いていてとても心地よいです。

前出曲や「I Had The Craziest Dream」「Make Love To Me」「He’s My Guy」など恋人だったハリー・ジェームスのバンドでの録音曲が良い感じですね。

ハル・ムーニー楽団での吹き込みがあるという「I Love You Much Too Much」の切ない旋律が好きです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Connie Francis 「Sings Italian Favorite」MGM E3791

Connieiyalian

イタリアン・ソング集というと「明るく朗々と云うイメージ」はどこで植えつけられてしまったのだろうか?

何曲か屈託の無い曲はあるが、アルバム全篇を覆っているのはConnieの泣き節。

本来カンツォーネというものは独特の哀愁に満ちているもの。

そんな名曲たちをイタリアへの郷愁をこめて切々と唄い綴っている。

Volare」「Ciao Ciao Bambina」さえも哀切感が漂う。

Non Dimetica」「Arriverderci Rome」といった有名曲も良いけれど「Anema E Core」「You AloneSolo Tu)」「Toward The End Of The Day」といった日本ではあまり聞かれない曲が心にしみる。

シナトラも歌った「I Have But One Heart」は彼女の唄で曲の良さを再認識。

There’s No TomorrowO Sole Mio)」「Santa Lucia」「Come Back To Sorrento」、ハンカチを握りしめて唄う3大カンツォーネが圧巻。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Benny Goodman And Helen Forrest「The Original Recoding Of The 1940’s」Columbia KG32822


「It’s Always You」と言えばなんと言ってもChet Bakerの純な若者の心を切々と歌い上げた名唱が良いが(当時の彼が本当に純であったかはわからないが)、彼も良く聴いたであろうHelenの唄には更に癒される。
ゴージャスなグッドマン・オーケストラをバックにスムーズに流れる彼女の声を聴いていると体の中に溜まったストレスが洗い流されていくようである。
「Oh! Look At Me Now」はヒットしたTommy Dorsey盤がConnie Haines, Frank SinatraにPied Pipersまで加えた賑やかだったものに対し、Helenの唄はよどみなく艶々していながらもしっとり感がありこの曲のイメージを好転させる。
「Amapola」が一気によき時代に運んでくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ella Fitzgerald「Like Someone In Love」Verve MGV4004


Jazzヴォーカルの紹介本で彼女の代表作を紹介する場合「Ella In Berlin」を最初に取り上げているものが多いが、あのアルバムから聴き始めると先へ進まない。
「Mack The Knife」をスキャットバリバリで唄う大柄なおばさんと言うイメージになってしまうのではないだろうか。
彼女の良さはまず声の美しさとそれを自在に操る技術にあると思う。
このアルバムはFrank Devolの弦を多用したオケをバックにその美声を余すとこなく聴かせてくれるバラードアルバム。
「Hurry Home」はひたすら美しい、しっとりした情感を込めた唄がこの小品を名曲にしている。Stan Getzのオブリガートが心地よい「There’s A Lull In My Life」、技術に裏打ちされたヴォイスコントロールに安心して浸れる「More Than You Know」。
「Close Your Eyes」は芳醇なブランディの香りのように酔わせてくれる。
全15曲、至福の時間を与えてくれるアルバム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ella Fitzgerald 「Ella And Nice Guys」日本Victor VIM 5586(Decca原盤)


まだ若いEllaが男性コーラスグループをバックに唄った録音を集めた好コンピュレーション。
For Sentimental ReasonsはNat King Coleのヒット盤から最近はBB・Kingまで多くの録音があるけれど、Delta Rhythm Boysを従えて唄うこのEllaの可憐さにはかなわない。
Mills Brothersをバックに従えた「Dedicated You」のいじらしさはこの時期ならでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aretha Franklin 「Yeah!!!」Columbia CS9151


Mistyのような「べた」な曲はスタンダード・シンガーが歌っているものが一番聞きやすく落ち着くのかも知れないが、このArethaの訴える力を受け止めるのもまた良いと思う。
同じくポピュラーな「More」などを聞くとその力が良くわかる。Columbiaは彼女を生かせなかったと言うけれど結局JAZZもSOULもわからないレーベルだったのだろう。
この時代の彼女に悪いものはない、結局Atlanticも時代と彼女を結び付けただけのように感じると言うと語弊があるだろうか。
もう次の時代の彼女が見えている「Love For Sale」も良いが、じっくり取り組んだ「Impossible」が曲の良さをさらに高めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A | B | C | D | E | F | G | H | J | K | L | M | N | O | P | R | S | T | U | V | W | Y | コーラスグループ