Billie Poole「Sormonette」Riverside RLP 425

Billie_poole_2

前回Mysticsのアルバム紹介で「Sunday Kind Of Love」をさながらDoo Wopグループの課題曲と申しましたが、この曲は黒人系シンガーに好まれるようで、Dinah Washington2度、影響下にあったEtta Jamesも名盤「At Last」で取り上げています。

これら3枚のアルバムは既に当ブログやHPですでに取り上げていますので今回はRiversideレーベルのBillie Poole1stアルバム「Somonette」でのご紹介としましょう。

女性Vocalのレコードを聞き集める指針に使用されることで有名な「ジャズ批評/女性シンガー大百科」の中で黒人女性ヴォーカルに造詣の深い原田和典氏にして「原稿を書く前日まで知らなかった」と書かれた彼女Billie Poole彼女のような才能が有って、一流のJazzレーベルに2枚もアルバムを残しながら、知名度が低い歌手がいるということ、黒人のソウルフルなシンガーが当時Jazzレーベルでアルバムを出し続けていくことの難しさが、いみじくも原田氏のコメントに現われているようです。

もしかするとRiversideは彼女をJazzシンガーではなくてSoulシンガーで売り出したかったと言うかSoulファンも取り込みたかったのかもしれませんね。このアルバムが発表されたのが1962年、アルバムの一曲目がRay Charlesのヒット[Down In My Own Tears]ということがレーベルの戦略だったのか、彼女の歌いたい曲だったのか。どちらにしても、もろソウルシンガーののりでこの曲を歌いきるパワーはJazzシンガーの枠では納まらなかったであろうことを想像させます。2曲目は一転してJazzバラード然とした伴奏で唄われる「Lazy Afternoon」、ソウルフルですが抑えた表現がなかなか良いです、3曲目はゴスペルチックな導入部から重厚にスイングする「Sometimes I’m Happy」、ここまで聴き進むと彼女の歌唱がもろDinah Washingtonの影響下にあるのがわかります。

続いDinahも歌っていたEllingtonの「Rocks In My Bad」ではアーシィなシャウトを聞かせるかと思えば、「Sunday Kind Of Love」はしっとりと語りかけるかのように唄いこむ導入部から思いのたけを切なくぶつけエンディングへ導くとかなり技巧的な面も見せます。アルバムを通して聴いてもこの「Sunday Kind Of Love」の表現はとても落ち着いていて、彼女がただのシャウターでは無いことを主張していると思います。ただ、Riversideがどのように彼女を売り出していくか、彼女の可能性を一枚のアルバムで全て収めようとしたためか、アルバム全体を聴きとおすと少しまとまりの無い印象になってしまったのは否めないところです。

結局2作目の「Coffessin’ BluesRiverside RM458ではJunior ManceトリオにKenny Burrllを加えたJazzコンボでBlues,Gospellに根ざしたまとまりの良いJazz Vocalアルバムを作ったものの、このレーベルでは彼女をこのまま生かすことができなかったようです。このあともう少しソウル系のレーベルが彼女の良さを生かすアルバムを作っていけばもっと残っていける人だったのではないかと思うことしきりです。

Dinahの最初の録音はこのHPで紹介している「Queen」で聴かれますhttp://homepage3.nifty.com/bluesvoice/sakusaku/1_1.html

Dinah2度目の録音はこのアルバム「What A Diff’rence A Day Makeshttp://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/dinahwashington_ff02.html

Etta[At Last]はこちらhttp://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/ettajamesatlast_c706.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Les Paul With Mary Ford「The New Sound Vol.2」Capitol SM286 

Les1

Bucky Pizarellie の Les Paulへのオマージュでご本家の「Just One More Chance」が聞けるアナログ盤は色々あるけれど私の家にあるのはこれ「The New Sound Vol.2」です。

この曲、SP時代の録音なのでLPで聴くとなるとコンピ盤しかないわけで、彼らLes PaulMary FordCapitol時代のコンピレーションなんて山ほどあるのでCDでも簡単に聞くことが出来ると思います。

今回、彼らのこのようなコンピ盤はあまり通して聞くことが少ないことに気がつきました。

もちろんLesのギターを聞く分にはこういう編集盤は最適なのですが、今回の「Just One More Chance」のようなVocalものをじっくり聞くとなるとチョット。

このようなバラードならMaryのやさしい歌とLesの甘美なオブリガートとソロの調和が取れていて非常に心休まるのですが、アップテンポの曲になるとLesの超絶技巧が耳についてMaryVocalをじっくり楽しめない、これって贅沢な悩みなのかも。

結局彼女は彼のギターを際立たせる添え物?いやいやそうじゃないですね。

暖かく、優しく、心地よく、聞く人の心に安らぎを与えるそんな声と唱の持ち主。

結局このアルバムでもこの曲や「I’m Confession」「The Moon Of Manakoora」等のバラードを抜き取って何回もかけることに(これって邪道?)。

しかしLesのような鈴の音のような音を出すってのはなかなか難しいですね。

まあ多重録音+ピッチ上げということもあの音の要因かとは思うのですが。

ところで彼らの映像を見るとMaryのギターもなかなかの腕前、生で二人の音が聴けた時代が羨ましくなります。

     彼らのサウンドをじっくり聞くなら「Time To Dream」「Les And Mary」などのアルバムもお勧めです。

Les3

Les2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

John Pizzarelli [Let There Be Love]Telarc CD-83518

John_pizzarelli

3月から全く更新していなかったこのコーナー、曲つながりと言うのはなかなか気に入ったアルバムに展開するのが難しいですね。

今回の曲つながりは「Everything I Have Is Yours

「私のものは全てのあなたのもの」って言うのは、熱くなっているとき言ってしまいがちなフレーズですが、いけませんな。

まして、「太陽が自分だけのものだったらあなたにあげたい、地球も輝く星たちも」なんてそこまで言うかって感じなのですが、その詞が自然に聞こえる、はまりきった美しいメロディを持った歌です。

男だったらEddie Fisherのようないかにも口説き上手な歌手に合っているとは思うのですが、Billy Eckstineの、この台詞さえ言っとけば絶対落ちる的な唄もまた良しです。

これが女性に歌われると、

ちょっと逃げられない感じ、Sarah Vaughanの若い唄も切々と胸にしみますが、Billie Holidayに唄われると怖いほど追い詰められますね。

そこへいくと今回ご紹介のJohn Pizzarelliの草食系Vocalはスムーズすぎて女性によっては残らない方もいるかと。

そんな「Everything I Have Is Yours」が入っているこのアルバム「Let There Be Love」は彼の父親Buckyも客演するコンボをバックに軽妙だけれどロマンティックな唄が心地よい肩のこらない作品。

男性Vocalのどっしり感が苦手な方にはお勧めですが、人によっては聞き流してしまうかも知れませんね。

そんな中でもBuckyLes Paulに捧げるかのようなソロをとる「Just One More Chance」がギター弾きにはたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Esther Phillips「Live At Freddie Jett’s Pied Piper, L.A.」Atlantic SD1565

Estherlive

やはりEstherが一番パワフルだったのはAtlantic時代。

このアルバムはそのAtlantic後期のライヴ盤。

プロディユースがKing Curtisで脇を固めるサポートメンバーが彼所縁のつわものたちと来ると、Aretha FranklinFillmoreライブを思い出してしまいますがEstherの方がBluesJazzかな。

随所で光るConnell DupreeRichard Teeのバッキングとソロ、のちに「Stuff」を結成する二人の存在はここでも大きいです。

ライヴ盤ですので過去の彼女の名唱曲「And I Love Him」「Release Me」などが再演されるのですが、スタジオ盤よりさらにエモーショナルですね。

その「Release Me」から始まって「Makin’ Whoopee」「If It’s The Last Thing I Do」「Shangri-La」そしてブルースバラードの名曲「Please Send Me Someone To Love」で締めるB面に何度も針を降ろしてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Esther Phillips「Alone Again Naturally」Kudu KUDU09

Estherphillips

Cherry Redというともう一人Esther Phillipsです。
Atlanticの「Confessin’ Blues」での名唱も素晴らしいですが、

http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/estherphillipsc_8ddc.html
このKuduの2ndアルバムでの再録ヴァージョンはギターのCornell Dupreeの名サポートぶりと相まって、モダンでジャズィな仕上がりになっています。
Kudu時代のEstherというと「What A Deference Day Makes」や「For All We Know」というディスコ調の大ヒットアルバムたちがあるのですが、それらがこの時代の最高傑作かといわれると率直に納得できません。
これら2枚はDinah Washingtonへのトリビュート曲を含むということからしてもEstherにとって重要なアルバムたちなのですがJoe Beckの編曲とギターにデリカシーが感じられず、常にターンテーブルに載せたくなるアルバムという趣ではないではありません。
この「Alone Again Naturally」の編曲者はPee Wee Ellis。
Kuduではこのアルバムを含めEstherの4枚のアルバムをアレンジしています。
錚々たるミュージシャンを贅沢に配置した、趣味の良い編曲はAtlantic時代の彼女の良さをそのまま昇華させた名盤たちを生み出しているわけです。
タイトル曲のオリジナルはチョッと青い感じのする哀切曲でしたが、Estherのバージョンはさらに孤独感を強めた大人の唄に仕上がっていて、ヒット曲をスタンダードに生まれ変わらせた成功例のひとつでしょう。
前期した「What A Deference Day Makes」が大ヒットし来日した時のステージを見ましたが、それから10年も経たないうちに他界してしまうなんて思いもしませんでした。
KuduからMercuryへ移籍してさらに円熟した唄を聴かせていく時期だっただけにもっと長生きしてもらいたかった人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jackie Paris「Songs By Jackie Paris」Mercury


決して大勢の前で聞こうという気にはならないレコード。
一人グラスを抱えながら、表情を変えずじっと男の辛さを噛み締める。
そんなアルバムといっては語弊があるかもしれないけれど。
「I Can’t Get Started With You」は多くの歌手がそのつど歌詞をアレンジしているのを聞くのが楽しみな曲だけれど、ここではオリジナルどおり。
ただ彼の場合、歌詞に色々出てくる大層な事は出来そうも無いのでどちらにしても「貴方にはお手上げ」という風情。
逆に「Wrap Your Troubles In Dreams」のような能天気な曲でもしんみりさせるかと思えば「There Will Be Never Be Another You」を洒落て唄う等聞き流し出来ないアルバム。
「Whispering Grass Don’t Tell The Trees」「Heart Of Gold」のような隠れた名曲が光る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Freda Payne「After The Lights Go Down Low」Impulse A53


一時はコンテンポラリーなSoul歌手になった時期もある美貌の歌姫Fredaの初期Jazz時代のアルバム。
Ernie Royal、Bob Brookmeyer、Phil Woods、Zoot Sims、Seldon Powell、Hank Jones ら錚々たるメンバーでのビッグバンド・サイドのA面よりも
Phil、HankにJim Hallを加えたコンボ・サイドのB面のほうがしっくり来る。
それにしても「I Cried For You」をここまで屈託無く唄ってしまうのは矢張り若さのせいか?
「Round Mid Night」「Out Of This World」「Lonely Woman」と続いて「I Wish I Knew」の上手さで将来が約束されていたようだ。
それにしてもこのジャケットは良くない、インナー・ジャケットの写真で救われる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Patti Page「Music For Two In Love」Mercury MG2009


端整な唄い方であるけれど色気のある声質、理想の女声かもしれない。
「I’m Getting Sentimental Over You」は言葉に出せない思慕をじっと心の奥で唄っているそんないじらしい風情が見える。
ストレートな解釈の中にうっすらと入れるフェイクも彼女の魅力、ラストコーラースAメロに戻ってからの「Won’t You Please Be Kind」の崩しが絶妙。
この頃の彼女アルバムは複数のセットで行われた録音を多くのアルバムに分けている場合が多く、このアルバムでもB面の「I Got It Bad」「Don’t Get Around Much Anymore」「Do Nothin’ Till You Hear From Me」のようなEllingtonナンバーはねっとりと絡みつく唄でジャージーに聴かせている。
しかしなんと言ってもA面で唄われるこの時代ならではの小唄たちの粋さが良い。「I Hear Rhapsody」「Everything I Have Yours」の哀愁を帯びたメロディにはまるが、「Under A Blanket Of Blue」のロマンティックな情景描写にしばし時を忘れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Patti Page 「Love After Midnight」Columbia CL2132


盛りを過ぎたPattiの契約消化のようなアルバムだけれど「The Lamp Is Low」が入っているということで。
ボサノバでアレンジされているけれど彼女の素直な歌ですんなり聞ける。
やはり「September Song」や「All The Way」のようなバラードがしっくりくる。
The Sweetest Sounds」もやはりボサノバで聞かせるのはこの時期ありがちかもしれないが気持ちよく聴く事ができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Esther Phillips「Confessin’ Blues」 Atlantic SD1680


アトランティックに入っても昔とった杵柄とでも言うように、Bluesを唄うエスターではあるけれど、そこはリトル・エスター時代とは一味違う彼女独特の臭みを増したものに。
まさにエスター節爆発。
70年代にはKUDUで大ヒットを放つ彼女だが(来日ステージを見に行って少しがっかり)、この時代はまだそこまで洗練されてはいない。
しかしBluesとJazzの狭間で生きてきた彼女がこのアトランティックで可能性を広げたのは事実、BluesからJazzへそしてSoulからPopsへクロスオーバーしていく魁となった重要な時期であった。「Confession Blues」ははまりすぎでもあるが、なんと言っても「Cherry Red」にとどめをさされる。
Herb EllisがJazz Guitaristらしからぬエグいギターを聴かせる「I Wonder」も心に深く突き刺さるBlues Ballad。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A | B | C | D | E | F | G | H | J | K | L | M | N | O | P | R | S | T | U | V | W | Y | コーラスグループ