Frank Sinatra「No One Cares」Capitol W-1221

Noonecares_2

前回のJoanie Sommersのアルバムから「Why Try To Change  Me Now」繋がりで今回はFrank SinatraのCapitol期の秀作バラードアルバム「No One Cares」のご紹介。

「Why Try To Change  Me Now」この切ないバラードをSinatraは9年間続いたColumbia社との最後のセッションである1952年9月17日に録音し同社を去っています。
https://www.youtube.com/watch?v=aKsmKrYWBmE
40年代半ばにTommy Dorsey楽団を退団し飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼の美声。50年代に入りそれに陰りが見えるとColumbiaは彼を色々な曲、企画で売っていこうとしたわけです。しかしプロデューサーのMich Millerの企画ではSinatraの唄を活かすことが出来ず、Columbiaとの契約は早期解除という結果になってしまいました。
しかし、この50年代初期の彼の声は、40年代の美声の替りに深い陰影を持つ声に変わりつつあったわけで、それを生かせず契約解除を進めたColumbiaの最後の録音曲のタイトルが「Why Try To Change  Me Now」とはまさしく彼の気持ちを吐露した選曲で有ったのかもしれません。
Sinatraは次のレコード会社契約を当時新興で自分の自由が効くであろうCapitol社と結び、多くの優れたアルバムをリリースしていきます。
Columbia時代から優秀なアレンジャーに恵まれていたSinatraではありましたが、Capitol契約時それまでの腹心のアレンジャーであったAxel Stordahlがツアーに出てしまった結果、更なる躍進を試みるため、新たなアレンジャーにスイング曲ならBilly May,バラードであればGordon Jenkinsを希望しておりました。
しかしCapitolが用意したアレンジャーはモダンなジャズセンスが光る新鋭のNelson Riddle、この出会いがSinatraの唄をさらに深くそしてモダンなものにしていくことになりました。
しかし前述のアレンジャーたちとのコラボを諦めていたわけではなく、特にGordon Jenkinsは同じCapitolにおけるNat King Coleのバラードアルバムでのそのストリングスの巧みな表現に惹かれオファーをし続けていたわけです。
紆余曲折はありましたが、JenkinsとはCapitolで3枚のアルバムを作っています。
1枚目が秀逸な静寂のバラードアルバムW-855「Where Are You」、2枚目がクリスマスアルバムのW-894「A Jolly Christmas From Frank Sinatra」、そして3枚目が今回ご紹介するブルー・バラード・アルバム W1221「No One Cares」です。
木管と弦の低く広がる霧の中に深く響くSinatraの苦味を増した哀切感漂う声のこのアルバムのB面2曲目に収められているのが「Why Try To Change  Me Now」の再録ヴァージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=Qdgbrblz76s
Columbiaでこの曲を吹き込んだとき彼は37歳、そしてそれから7年の歳月が流れ40代半ばで再録音されたこのヴァージョンは、甘さが影を潜め深い陰影をもったバリトンヴォイスにJenkinsのストリングスアレンジが絡んだ秀逸な録音となりました。この曲に限らずこのアルバム全般でSinatraは歌詞を噛み締めるように唄い、そのために生まれる「間」にストリングスが浮き上がり、曲によっては声と弦のコール・アンド・レスポンスさえ生まれる、甘美だけれども得も言われぬ緊張感が漂うアルバムとなっていると思います。収録曲はTommy Dorsey時代やColumbia期の曲の再録が多いのですが、中でもDorsey時代初期のヒット曲「I Never Smile Again」の解釈が年輪を感じさせます。
「君がいなければもう微笑みやしない」という若い恋心を歌ったこの曲を、「今愛する者を失うともう誰も愛する気持ちも時間も無い」ことの寂しさ切なさを唄う歌に昇華させています。
59年というと時代はステレオ録音時代に入っていますが、私所有のオリジナルアルバムはモノラル盤。しかし弦の響きが重く広がる優れた録音となっています。ちなみにあわせて所有しているステレオ盤は80年代東芝からリリースされたもので、このアルバムの録音セッションで録音されながら、オリジナル発売されたときに未収録であった「The One I Love」が収録された当時の貴重盤です。

Side A
1. When No One Cares
2. A Cottage For Sale
3. Stormy Weatherter
4. Where Do You Go?
5. I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You
6. Here's That Rainy Day

Side B
1.  I Can't Get Started
2. Why Try To Change Me Now?
3. Just Friends
4. I'll Never Smile Again
5. None But The Lonely Heart

続きを読む "Frank Sinatra「No One Cares」Capitol W-1221"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Joanie sommers「The “Voice” Of Sixties!」Warner Brothers W1421

Joanisommers

3年ぶりのブログの更新は前回のDinah Washingtonのアルバム「I Concentrate On You 」タイトルから曲つながり。

I Concentrate On Youという曲、あなたに夢中と意味ですけれど「Concentrate On」を辞書で調べると「集中する」「全力を注ぐ」「気を入れる」となっておりまして、要するにかなり気の入ったご執心状態であるという事ですね。Dinah Washingtonのドスの効いた唄でうたわれるともう絶対逃げられないという感じですが、Joanieのキュートな声で囁かれると受ける側もそれこそ一気に気が入っちゃう感じになりますね。

ということで、今回はこの曲が入っている、Joanie sommersのデビュー2作目のアルバム「The “Voice” Of Sixties!」のご紹介。このアルバムはMarty Paichの指揮編曲で録音された彼女のデビューアルバム「Positively The Most!」がリリースされた60年の翌年、今度はNeal Heftiの指揮編曲のもとその名も「60年代の声」というアルバムタイトルでリリースされた彼女の2枚目のアルバム。

既に前年「One Boy」のシングルヒットでポップスターの道を歩き始めた彼女ですが、デビューアルバムもこの2ndアルバムもジャズのアレンジャーによるスタンダード集。シングル盤は若者向けのポップな曲で、アルバムはスタンダード曲でLPの購入費を賄える大人の懐を狙うという当時のレコード会社のよくある戦略(Paul AnkaBobby Darinなどこの手の売り方が当時一般的でした)。

しかし同じスタンダードを歌うにしても50年代の歌手とは趣の違うその声はちょっとハスキーだけれどキュートな哀切感のあるもの、まさに60年代の新しい唄声だったわけです。

I Concentrate On You」を聞いてみるとWhenever skies look gray to me and trouble begins to brewと言う出だしをWhenever ski(h)es look.. gra(h)y to me(a) and trouble begins to(uah) brew(hu) 歌っている。

https://www.youtube.com/watch?v=ifu9oJQkL9A

つまり( )の部分に聞こえるか聞こえないか程の小さな溜息を入れているわけでこれが、聞いているほうにはキュンキュン来るわけですね。そんな彼女の歌がさらに切ない旋律と歌詞を得ると名唱を生む、B1曲目「Why Try To Change Me Now」がこのアルバムのベストでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=niZOToX7bd8

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Keely Smith「Politely」Capitol T1073

Keely

Lullaby Of The Leaves」繋がりで久振りのこのコーナーの更新、今回はKeely Smithの代表作「Politely」。

<<このコーナーは普段あまり紹介されないアルバムを曲、人つながりで紹介しています。>>

というわけで以前紹介した彼女のアルバムは「John LennonPaul McCartney SongbookReprise R6142や「Be My LoveDot DLP3241といったちょっとマイナーアルバム。http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/02/keelysmithjohnl_c5a9.html

http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/02/keelysmithbemyl_5663.htmlところが今Keely Smith自体をご存じないVocalファンも増えてきたということで、今回彼女といえばこのアルバム「Politely」のご紹介。

まず、曲繋がりで前回のTeri Thorntonが歌っていたLullaby Of The Leaves」。

この曲は我々の年代ではなんと言ってもVenturesのオープニング・メドレーで流れるツイストにアレンジされたエレキインスト・チューンですね。

この曲が実は古いミュージカル曲だというのは後で知り、その原曲バージョンを聞いたときにはあまりの古色騒然した雰囲気に驚いたものです。

それを前出のTeri Thorntonはアグレッシブにスイングさせていて、改めて曲の良さを認識したしだい。

さて、今回ご紹介するこのアルバムの中でKeelyはこの曲を本来のバラードで歌っているのですが、30年代の曲の古めかしさが感じられないのは当時の彼女が持っているモダンさ故かもしれません。

もちろんBilly Mayのアレンジの功績も大きくてCapitolでの前作「I Wish You Love」でのNelson Riddleも同様ですが、Dot時代の彼女のアルバムとはセンスの違いを感じさせます。

彼女の透明な美声がレンジの広いこの曲を縦横無尽に駆け巡るのをそっと支えるているかと思えば、続く「On The Sunny Side Stree」では唄とバンドとのコールアンドレスポンスが絶妙でこの曲にありがちな単なる能天気な雰囲気とは一味違う出来になっています。

特に、私の好きな曲、「Cocktails For Two」の哀切感のある唄と品の良いアレンジに心休まります。

一般的にKeelyはこのCapitol時代が一番評価されているようですが、Capitol移籍前のDot時代も良いアルバムを残していると思います。

Capitolではこの「Politely」のあとNelson Riddleとの「Swingin’ Pretty」をリリースした後Sinatraに請われてRepriseに移りさらにモダンなアルバムを作っていきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Frank Sinatra [Song For Young Lovers] Capitol W1432

Songfoyounglovers

My One And Only Love」と言えばやはりSinatra

Vocalファンは名盤「John Coltrane & Johnny Hartman」でのHartmanの甘々な唄を筆頭に上げるかも知れませんが、やはりこの歌はSinatraのもの。

1953年にSinatraによって吹き込まれたこのヴァージョンが無ければJohnnyの解釈も違っていたかも知れませんね。

この曲は「I Got The World On A String」とのカップリングでシングル盤として出された曲、アルバムとしては'56年に発売されたシングル編集盤「This Is SinatraCapitol T768にコンパイルされています。

しかし今日ご紹介するのは’53年に録音されたSinatra初の10吋アルバム「Song For Young LoversCapitol L488に、同時期に録音されたシングル盤のバラード曲を4曲加えて12吋アルバムとして’60年に発売されたアルバム。

オリジナルCapitol L488は陰影の感じられる秀逸なアルバムだったのですが、この4曲を加えることで甘美さが加わってさらに聴きやすいアルバムになっていると思います。

オリジナルアルバムと同じくこの曲のアレンジはNelson Riddleによってなされています。

オリジナル曲群のアレンジも格調高いのですが、この曲のアレンジも品格が感じられますね。

とくにBメロの「君の手が触れると天国のような気持ち」というところではアルトがとろけるようなオブリガート、続く「その天国は僕の知らなかった世界」と歌うとトランペットが高揚させるというような木目細かさが歌詞を唄を絶妙にサポートしています。

SinatraCapitol時代に唄の深みを増したといわれていますが、Riddleのアレンジが大きく貢献しているのは疑う余地が有りませんね。

それが良く表れているのがこのアルバムの中で「My One And Only Love」の1曲前に入っている「Someone To Watch Over Me」。

SinatraColumbia’45年にこの曲を録音しています。

母性本能を猛烈に掻き立てたであろう若く切ない歌声のColumbia録音も非常に魅力的ですが、いくつかの恋を経てなお寄る辺無き男の哀愁を唄うCapitol録音も絶品だと思います。

*注・現在販売されている[Song For Young Lovers]のCDには「My One And Only Love」とSomeone To Watch Over Me」は入っていません

Thisissinatra

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dakota Staton「Dakota Staton Sings Ballads And The Blues」Capitol T1387

Dakotaballad

Sings Ballads And The Blues」このタイトルはまさに彼女の個性をずばり現しているタイトルだと思います。

Dinah Washingtonの影響を強く受けた唄で、メジャーのキャピトルに十数枚のアルバムを残してるDakotaですが、バラードではDinahをさらに洗練させた解釈を聞かせるものの独特のこぶしはやはり根底にあるBluesが横溢して出てくるもの。

そんな重量感あふれるBalladと彼女の本質であるBluesを組み合わせたこのアルバムはまさにうってつけの企画であったのではと思います。

Someone To Watch Over Me」「Romance In The Dark」「My One And Only Love」「I’ll Know」「Where Flamingos Fly」「Time Was」のBallad曲に Little Walterの「My Babe」やLittle Willie Johnの「I Need Love So Bad」を絡ませる選曲が1960年リリースのアルバムらしいところ。

しかしそこはCapitolですから比重はBalladに、後のGroove Merchant時代のようなコテコテのブルースを聞かせるというのはこの時代、このレーベルでは無理というものでしょう。

しかしそのさじ加減があいまってアーシィなアルバムになっていますね。

Sinatraのヒット曲、「My One And Only Love」は黒人ではJohnny HartmanLorez Alexandriaの名唱が有りますが、Dakotaのゴージャスでブルージィな唄もお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dakota Staton「A Packet Of Love Letter」High Note HCD7008

Dakota

「誰か、真剣に君を愛している奴がいる…..誰だろう?」 Guess Whoつながりで今回はDakotaの多分スタジオ録音では遺作となるこのアルバム。

若いときはCapitolでソウルフルだけれど洗練されたアルバムを数多く出していたDakotahttp://bluesvoice.cocolog-nifty.com/photos/black_royal/ds1.html

その後UAからGroove Merchantへ移ってコテコテのヴォーカルを聴かせてSoulファンからも支持を受けていた彼女ですが、このアルバムを出したときは60代後半、さすがに声の衰えは隠せないものの、Houston ParsonMelvin Sparksというかつてのコテコテ派重鎮を従えて黒い吐息を搾り出しています。

More Than You Know[Trv’lin’ Light]といったJazzものから「Night Lifeそしてこの「Guess Who」までやはり根底に流れるのはBluesですね。

このアルバムは彼女の歌にかけた人生を内なるブルースに包み込んで愛おしく唄った秀盤。 

ここには若いときの「通る」「張り切った」声はありませんが、1曲、1曲人生を歌いこむ深い声があります。

やはり印象に残るのが「Guess Who」、思いを寄せる人に「一番あなたを思っている“誰か”は実は私」という恋の歌が、もっと大きな愛の歌になっているのが人生の重みというやつでしょうか。

深いバラードやブルースの曲目に挟まれた粋なスィング、「The Way You Look Tonight」は若い女の子には出せない味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Frank Sinatra「This Is Sinatra Vol.2」Capitol W982

Thisisvol2

Dinah

 Washington2回もレコーディングした「Crazy Love」はSinatra57年録音のシングル盤でした。

素晴らしい曲ですがチャートの上位に上がったわけでもないこの曲を取り上げると云うことはよほど気に入っていたのでしょうね。

彼女はSinatraのこういった曲を良く唄っています、やはりSinatraの曲には特別思い入れがあったのではないでしょうか。

と言うことで今回はSinatraのシングル曲集の紹介です。

コンセプトアルバムで語られることの多いSinatraですがCapitolはコンスタントに彼のシングル吹込みを行いチャートに送っていました。

それらのシングル集をCapitol在籍中に何枚かアルバムとしてリリースしています。

Crazy Love」が収録された「This Is Sinatra Vol.2」はVol.2ですから当然Vol.1もあるわけで、その「This Is Sinatra」は56年にそしてこの「Vol.2」は58年に発売されています。

Vol.1はCapitol入社時の勢いの良い曲が多かったのですが、このVol.2はバラードが多く収録されていて、全体を通しても編集盤という感じがしないしっとりとしたアルバムになっていると思います。

またこのアルバムの特徴はColumbia時代の再録音が多いと言うこと、若さに任せ甘くささやいていた曲を、深くしっとりと歌いこんだCapitol録音は曲に新しい解釈を吹き込み往年の名曲をよみがえらせています。

Everybody Loves Somebody」「If You But A Dream」「It’s The Same Old Dream」「Put Your Dream Away」等すべてこの時代のバラードに生まれ変わっているのが凄いところです。

Everybody Loves Somebody」は60年代Dean Martinの大ヒットでおなじみの曲ですが、実は47年にSinatraが録音してチャートにも上がっている曲だったのです。

前途したDiana59年にこの曲を録音していていますので、このアルバムは彼女の部屋にも有ったのでは、などと想像してしまいますね。

残念ながら現在(20086月)の段階でこのアルバムはCD化されていないようですが

これらの曲が入っているCapitol期のCDがあればお聞きになってみることをお奨めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dakota Staton「Softly」Capitol T1427

Dakotasoftly

Crazy He Calls Me」とはうって変わってジャケットも内容もしっとりとタイトルどおり柔らかいタッチのアルバム。

一番のポイントはBenny Carterの弦とフルートやホルン、ハープを使ったアレンジ。

アクの強いDakotaの唄が柔らかいオケにくるまれてシックにまとめられた感じです。

Capitolはこういうアルバムを作るの上手いですね。

バラードばかりの選曲もセンスがとても良い。

良い曲ばかりなので全部書いちゃいますとA面が「You’re Mine You」「Dedicated To You」「Close Your Eyes」「Solitude」「My Wish」「The Very Thought Of YouB面が「Be Anything」「Congratulations To Someone」「Whispering Grass」「Old Folks」「Body And Soul」「I Can’t Get Started With You

中でも「Congratulations To Someone」はこの後70年代にも再録する名曲。

このブログでは以前Tony Bennettのアルバムで紹介しましたが、http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/01/tonybennettblue_e912.html「別れた恋人は今 どこかの誰の腕に抱かれているに違いない、そんな誰かさんにおめでとうと言おう」という内容。

自分から離れていった、今誰かの腕に抱かれている恋人を思う狂おしい気持ちとその誰かが私だったらばという願いが絶妙に歌いこまれている哀切極まりない歌ですが、Dakotaの大人の女性の諦めが切なく胸を打ちます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Dakota Staton「Crazy He Calls Me」Capitol T1170

Dakotacrazy

Crazy He Calls Me」をタイトルにしてるアルバムといえばDakotaのこのレコード。

でもこのジャケットじゃ絶対日本では売れないと思う、いやどこの国のレコード屋だってこのジャケットが飾られていればお客はチョッとひくと思うのだけど。

色調もすごいですよね、タイトルの「Crazy He Calls Me」のCRAZYだけ大文字になっているのと色調と彼女の表情がまさに狂おしい感じなのでしょうか?

Dakotaはほかのジャケットでは綺麗、可愛い系の(見える)ジャケットもあるのに、Capitolは思い切ったことをしたもんです(笑)。

ジャケットはともかく内容は秀逸、狂おしい思いはこういう黒人歌手お約束の捏ねた歌がお好きな方にはストレートに伝わってきますね。

I Never Dreamt」「What Do You About Love」というあまり歌われることの無いきつめ(?)のバラードが耳に貼りついいてきます。

ソウルフルなこぶしをゴージャスなスタンダードに載せる、こういうアルバムはCapitolの得意とするところかも知れません。チョッといただけないジャケットを見ながら聴く 「Angel Eyes」はまた独特の趣ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rosemary Squires「My One And Only」Reflections C5-543(英EMI原盤)

Rose_squires

[いかに世界を微笑ませるか見せることができたのに、全ての時間を喜びで満たすことができたのに、曇り空を青空に変えることができたのに、もし貴方が私のものだったら]という「If I Had You」つながりで今回はイギリスからRosemary Squiresを。

彼女のアルバムは通称「赤のロージィ」と「青のロージィ」といわれているアルバムがあるのですが、入手タイミングを逃して現在出会いを待っています。

英国歌手ということで詳しいことはあまり判らないのですが、素直な歌い方に人柄を感じさせる人。

このアルバムは60年代初期から中期までの録音を集めたものです。

If I Had Youは「結局、貴方は私のものにならなかった」という解釈と「いつかは私のものにしてみせる」という解釈があると思うのですが、彼女の場合後者かな?

透る声と落ち着いた歌い方に心休まる人、若い声ではないのですが説得力があります。

スイングする曲もいやみにならず気持ちよく聞かせてくれますが、私は情感あふれるバラードが好きです。

狂おしい気持ちをぐっと心の中に押さえ込んだ「Crazy He Calls Me」の歌い口はこの人ならではと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A | B | C | D | E | F | G | H | J | K | L | M | N | O | P | R | S | T | U | V | W | Y | コーラスグループ