bluesvoice.cocolog-nifty.com > BLACK ROYAL QUEEN

日本のVocalファンには冷遇されている黒人ヴォーカル。 黒い皇室にご案内 「ここは女王の部屋」

Lionel Hampton [All American Award Concert]Decca DL8088

Lionel Hampton [All American Award Concert]Decca DL8088

Hampton楽団時代のDinahが唄っている1945年6月のカーネギーホールでのコンサート。
収録曲全8曲中彼女の歌は「Evil Gal Blues」一曲のみ。
それでもいま入手できるLPフォーマットでの彼女の唄では一番古いものかもしれない。


Dinah Washington [ MUSIC FOR FIRST LOVE ]MERCURY MG20119

Dinah Washington [ MUSIC FOR FIRST LOVE ]MERCURY MG20119

マーキュリー最初期の録音集。


Dinah washington [MUSIC FOR LATE HOURS] MERCURY MG20120

Dinah washington [MUSIC FOR LATE HOURS] MERCURY MG20120

「MUSIC FOR FIRST LOVE 」と同時期の録音集


Dinah washington [THE BEST IN BLUES] MERCURY MG20247

Dinah washington [THE BEST IN BLUES] MERCURY MG20247

コンセプト・アルバムとして最初期のもの


Dinah washington [LATE LATE SHOW] WING MGW12140

Dinah washington [LATE LATE SHOW] WING MGW12140

決してJazzのアルバムではないと思う。
リズム&ブルースが充満している。


Dinah washington [DINAH JAMS] MERCURY MG36000

Dinah washington [DINAH JAMS] MERCURY MG36000

この時期はJazzセットの録音が多い。


Dinah washington 「FOR THOSE IN LOVE」 EMARCY  MG36011

Dinah washington 「FOR THOSE IN LOVE」 EMARCY  MG36011

Jazzセットでは最高傑作ではないかと思う。
Blue Gardeniaは極上。


Dinah washington [AFTER HOURS WITH MISS D] MERCURY MG36028

Dinah washington [AFTER HOURS WITH MISS D] MERCURY MG36028

Jazzメンとのセッションなら「Dinah Jam」よりこちら


Dinah washington [DINAH] EMARCY MG36065

Dinah washington [DINAH] EMARCY MG36065

この時期はバックのコンボアレンジを含めジャージー。
コンピ盤でよく目にする「煙が目にしみる」はこの盤からのもの。


Dinah washington [IN THE LAND OF HI-FI] EMARCY MG36073

Dinah washington [IN THE LAND OF HI-FI] EMARCY MG36073

マーキュリー社おなじみの「In The Land Of Hi-Fi」シリーズのダイナ盤。
「I've Got A Crush On You」は名曲


Dinah Wshigton[The Swingin' Miss "D"]Emarcy MG36104

Dinah Wshigton[The Swingin' Miss "D"]Emarcy MG36104

クインシー・ジョーンズのオケをバックにしたゴージャスな一枚。
「I'll Close My Eyes」の初演が聴ける。


 Dinah washington [SINGS FAT'S WALLER] MERCURY MG36119

 Dinah washington [SINGS FAT'S WALLER] MERCURY MG36119


 Dinah washington [DAINAH SINGS BESSIE] MERCURY MG36130

 Dinah washington [DAINAH SINGS BESSIE] MERCURY MG36130

女王が皇后を歌うという「はまり」の企画だったのだが。


Dinah washington [THE  QUEEN] MERCURY MG20439 SR60111

Dinah washington [THE  QUEEN] MERCURY MG20439 SR60111

なんといっても「I Remember Clifford」が良いが、「All Of Me」もこの後のニューポートのライブヴァージョンより良いと思う。


Dinah washington [WHAT A DIFFRENCE A  DAY MAKES] MERCURY MG20479 SR60158

Dinah washington [WHAT A DIFFRENCE A  DAY MAKES] MERCURY MG20479 SR60158

ご存知大ヒット盤


Dinah washington NEWPORT '58 EMARCY MG36141 SR 60200

Dinah washington NEWPORT '58 EMARCY MG36141 SR 60200

ご存知映画「真夏の夜のJazz」でおなじみニューポートでのライブ盤。
映画では出てこなかった「Crazy Love」がとてもいい


Dinah washington UNFORGETTABLE MERCURY MG20572 SR60232

Dinah washington UNFORGETTABLE MERCURY MG20572 SR60232

ダイナのシナトラソングはいつも良い。
”This”とぐっと溜めて”Love Of Mine”とくるともうソウル・バラード!
「Everybody Loves Somebody」もシナトラのCapitol盤のカバー。


Dinah washington [THE TWO OF US] MERCURY MG20588 SR60244

Dinah washington [THE TWO OF US] MERCURY MG20588 SR60244

彼女はあまりデュエットで録音を残さなかったけれど、これは企画もの。


Dinah washington [QUEEN & QUINCY] MERCURY MG20298 SR60298

Dinah washington [QUEEN & QUINCY] MERCURY MG20298 SR60298

マーキュリー時代はQuincyを使うことが多かったけれど、これは最初からコンセプトアルバムとして録音されたもの。


Dinah washington [I CONCENTRATE ON YOU] MERCURY MG20604 SR60604

Dinah washington [I CONCENTRATE ON YOU] MERCURY MG20604 SR60604

彼女がシナトラを好きなのか、プロデューサーがシナトラ好きなのか。
「Crazy Love」をカバー。


Dinah washington [FOR LONELY LOVERS] MERCURY MG20614 SR60614

Dinah washington [FOR LONELY LOVERS] MERCURY MG20614 SR60614

ジャケットの写真は当たり曲「Harbor Light」のイメージ。
[Hurt]はその後プロデューサーのClyde OtisがTimi Yuroに唄わせヒットを飛ばす。
やはり「Don’t Go To Stranger」がいい。


Dinah washington [SEPTEMBER IN THE RAIN] MERCURY MG20638 SR60638

Dinah washington [SEPTEMBER IN THE RAIN] MERCURY MG20638 SR60638

この時期のアルバムは、ジャケットの雰囲気が似ているものが多い


Dinah washington [TEARS AND LAUGHTER] MERCURY MG20661 SR60661

Dinah washington [TEARS AND LAUGHTER] MERCURY MG20661 SR60661


Dinah washington [I WANNA BE LOVED] MERCURY MG20729 SR60729

Dinah washington [I WANNA BE LOVED] MERCURY MG20729 SR60729


Dinah washington [THE GOOD OLD DAYS] MERCURY MG20829 SR60829

Dinah washington [THE GOOD OLD DAYS] MERCURY MG20829 SR60829


Dinah Washington「Dinah Discoverd」Mercury SR6119

Dinah Washington「Dinah Discoverd」Mercury SR6119

60年代にリリースされたMurcury時代の未発表曲集。CD時代になるまでは貴重なレコードだった。


Dinah Wshington「Dinah Washington Song Book」日本フォノグラム SFX-10582

Dinah Wshington「Dinah Washington Song Book」日本フォノグラム SFX-10582

70年代に日本フォノグラムからリリースされた,Mercury時代の全米R&Bチャートベスト10内ランクシングルヒット曲集。これもCD時代になるまでは貴重なコンピレーションアルバムだった。


Dinah washington [DINAH '62] ROULETTE SR25170

Dinah washington [DINAH '62] ROULETTE SR25170

Rouletteでのファースト・アルバム


Dinah washington [IN LOVE] ROULETTE R25180

Dinah washington [IN LOVE] ROULETTE R25180


Dinah washington [DRINKING AGAIN] ROULETTE R25183

Dinah washington [DRINKING AGAIN] ROULETTE R25183

「Dinah 62'」に入っていたDrinking Again」を中心にまとめられたアルバム。


Dinah washington [BACK TO THE BLUES] ROULETTE R25189

Dinah washington [BACK TO THE BLUES] ROULETTE R25189

3枚目のブルースアルバム


Dinah washington [DINAH'63] ROULETTE SR25220

Dinah washington [DINAH'63] ROULETTE SR25220


Dinah washington [IN TRIBUTE] ROULETTE R25244

Dinah washington [IN TRIBUTE] ROULETTE R25244

黒い女王の黒い追悼盤


Dinah washington [STRANGER ON EARTH] ROULETTE R25253

Dinah washington [STRANGER ON EARTH] ROULETTE R25253


Dinah washington [DAINAH WASHINGTON] ROULETTE R25269

Dinah washington [DAINAH WASHINGTON] ROULETTE R25269

What's Newに意表をつかれる。
残り物に福あり的アルバム。
それにしてもルーレット時代のアレンジはモダン。


DELLA REESE MELANCHOLY BABY JUBILEE 1026

DELLA REESE MELANCHOLY BABY JUBILEE 1026

Dellのファースト盤、まだ唄が硬い


DELLA REESE MELANCHOLY BABY JUBILEE JGM1026

DELLA REESE MELANCHOLY BABY JUBILEE JGM1026

2ndジャケ、こちらのほうが良い感じ


DELLA REESE A DATE WITH DELLA REESE JUBILEE  1071

DELLA REESE A DATE WITH DELLA REESE JUBILEE  1071

最初期のライブアルバム、ジャケも良い


DELLA REESE THE STORY OF THE BLUSE  JUBILEE JGM1095

DELLA REESE THE STORY OF THE BLUSE  JUBILEE JGM1095

彼女はコンセプトアルバムが多い。
ゴスペル・アルバムを一枚はさんで出したBluesアルバム。
12小節、8小節、16小節、そしてブルージーなポピュラーと聞きやすい選曲。


DELLA REESE  AND THAT REMINDS ME JUBILEE JGM1116

DELLA REESE  AND THAT REMINDS ME JUBILEE JGM1116

じっくりと歌い込んだバラード集


DELLA REESE WHAT DO YOU KNOW ABOUT LOVE JUBILEE 1109

DELLA REESE WHAT DO YOU KNOW ABOUT LOVE JUBILEE 1109

ストリングス・オーケストラをバックに唄う、ブルー・バラード集。
お薦め。


DELLA REESE DELLA VICTOR  LPM2157

DELLA REESE DELLA VICTOR  LPM2157

Victor初期は企画にあざとさが無い。
Dellaといえばこのアルバム。


Della Reese 「Della By Starlight」Victor LPM-2204

Della Reese 「Della By Starlight」Victor LPM-2204

ジャケット最悪、内容極上


Della_Reese[Della Della Cha Cha Cha] Vivtor LPM 2280

Della_Reese[Della Della Cha Cha Cha] Vivtor LPM 2280

RCAは企画ものを次々と録音させる。
数あるラテンアルバムの中では最重量級、軽快なリズムにドスの効いたDellaの声が載る。


DELLA REESE [SPECIAL DELIVERY] VICTOR LPS2391

DELLA REESE [SPECIAL DELIVERY] VICTOR LPS2391

Mercer Ellingtonの指揮編曲をバックにシャウト。
前作「Della Della Cha‐Cha‐Cha」あたりからテンポの良い曲、アレンジが多くなってきたのだが。


DELLA REESE [THE CLASSIC DELLA] VICTER LPS2419

DELLA REESE [THE CLASSIC DELLA] VICTER LPS2419

クラシックを原曲としたスタンダードを高尚(?)に歌うという企画。


DELLA REASE [DELLA REESE ON STAGE] VICTOR LSP2568

DELLA REASE [DELLA REESE ON STAGE] VICTOR LSP2568

Jubilee時代のライブとは様相が違う、ジャズだスタンダードだと言う次元で聴くことは出来ない。こののりはブルースやR&Bのライブののり。


DELLA REESE [WALTZ WITH ME,DELLA] VICTOR LSP2711

DELLA REESE [WALTZ WITH ME,DELLA] VICTOR LSP2711

やっとしっとりした(?)Dellaが戻ってきた。


Della_Reese「Moody」Victor LSP2814

Della_Reese「Moody」Victor LSP2814

VictorもやっとDellaにぴったりの企画が。
タイトルどおりMoodyでSoulfleな真っ黒なバラード集。


DELLA REASE [C'MON AND HEAR] ABC ABCS524

DELLA REASE [C'MON AND HEAR] ABC ABCS524

アーシーでジャージー、ABCは彼女のような歌手の良さを掴むのは心得ている


Della Reeds [I Like It Like Dat] Paramount ABC540

Della Reeds [I Like It Like Dat] Paramount ABC540

Paramountでの2枚目、ソウルフルにスタンダードを唄う美味しいアルバム。
選曲も黒い曲が多い。


DELLA REESE 「LIVE」 ABC S569

DELLA REESE 「LIVE」 ABC S569

ABCでの3rdアルバム。
Bill Doggettを中心としたコンボを従えたブルース色が強いライブ。
こういうJazzとBluesの狭間の音はABCならでは。
彼女の良質な部分がすべて出ている


DELLA REASE [ONE MORE TIME] ABC ABC589

DELLA REASE [ONE MORE TIME] ABC ABC589

続くライブ盤はうって変わってエイトビート中心。
時代はR&B。


DELLA REASE [DELLA ON STRINGS OF BLUE] ABC ABCS612

DELLA REASE [DELLA ON STRINGS OF BLUE] ABC ABCS612

3連のバラードののりはかっちりしたリズムに支えられて。
バラードなのにブルースののり。


Della Reeds [One Of A Kind]Jazz A La Carte3

Della Reeds [One Of A Kind]Jazz A La Carte3

78年の久々のJazz アルバム。
Lou Levy,Kenny Burrell等錚々たるメンバーを従えたライブ盤


Gloria Lynne [ Lonely  And  Sentimental ] Everest LPBR 5063

Gloria Lynne [ Lonely And Sentimental ] Everest LPBR 5063

Everestでの3rdアルバム


Gloria Lynne [ Lonely  And  Sentimental ] Everest SDBR 1063

Gloria Lynne [ Lonely And Sentimental ] Everest SDBR 1063

STEREO盤のファーストプレス、ジャケットが豪華


Gloria Lynne [ Day In Day Out] Everest LPBR 5101

Gloria Lynne [ Day In Day Out] Everest LPBR 5101


Gloria Lynne [ I'm Glad There Is You] Everest SDBR 1126

Gloria Lynne [ I'm Glad There Is You] Everest SDBR 1126


Gloria Lynne [ He Needs Me] Everest LPBR 5128

Gloria Lynne [ He Needs Me] Everest LPBR 5128


Gloria Lynne [ This Little Boy Of Mine] Everest LPBR 5131

Gloria Lynne [ This Little Boy Of Mine] Everest LPBR 5131


Gloria Lynne [ Gloria Lynne At Basin Street East] Everest LPBR 5132

Gloria Lynne [ Gloria Lynne At Basin Street East] Everest LPBR 5132

ジャケットはソウルシンガー状態だけれどとてもジャジィ


Gloria Lynne [ Gloria Lynne At The Las Vegas Thunderbird] Everest LPBR 5208

Gloria Lynne [ Gloria Lynne At The Las Vegas Thunderbird] Everest LPBR 5208

これもジャケットの雰囲気とは違うしっとりしたもの


Gloria Lynne [ Gloria, Marty & Strings] Everest LPBR 5220

Gloria Lynne [ Gloria, Marty & Strings] Everest LPBR 5220

I Whish You Loveがヒット


Gloria Lynne [ I Wish You Love] Everest LPBR 5221

Gloria Lynne [ I Wish You Love] Everest LPBR 5221

ヒットした I Wish You Loveをタイトル曲にして作られたアルバム


Gloria Lynne[Go! Go! Go!]Everest 5237

Gloria Lynne[Go! Go! Go!]Everest 5237


Gloria Lynne [ Glorious Gloria Lynne] Everest 1228

Gloria Lynne [ Glorious Gloria Lynne] Everest 1228

Everestでの1stアルバム「Miss Gloria Lynne Everest SDBR1022」の再発盤


Gloria Lynne [ A Touch Of Tenderness] Everest 1235

Gloria Lynne [ A Touch Of Tenderness] Everest 1235

Everestの2ndアルバム「Try A Little Tendernees Everest SDBR1090」の再発盤


Gloria Lynne [ Soul Serenade] Fontana MGF 27541

Gloria Lynne [ Soul Serenade] Fontana MGF 27541


Gloria Lynne[Love And A Woman]Fontana SRF 67546

Gloria Lynne[Love And A Woman]Fontana SRF 67546


Gloria Lynne [ Where It's At] Fontana SRF 67555

Gloria Lynne [ Where It's At] Fontana SRF 67555


Gloria Lynne[Here There & Everywhere]Fontana SRF67577

Gloria Lynne[Here There & Everywhere]Fontana SRF67577


Gloria Lynne [ My Funny Valentine] Design DLP 177

Gloria Lynne [ My Funny Valentine] Design DLP 177

出所は不明だけれどとてもブルージィ


Gloria Lynne 「A Time For Love」 Muse 5381

Gloria Lynne 「A Time For Love」 Muse 5381


Dakota Staton [The Late Late Show] Capitol T876

Dakota Staton [The Late Late Show] Capitol T876


Dakota Staton [In The Night] Capitol T1003

Dakota Staton [In The Night] Capitol T1003


Dakota Staton [Dynamic!] Capitol T1054

Dakota Staton [Dynamic!] Capitol T1054


Dakota Staton「Crazy He Calls Me」Capitol T1170

Dakota Staton「Crazy He Calls Me」Capitol T1170


Dakota Staton [Time To Swing] Capitol T1241

Dakota Staton [Time To Swing] Capitol T1241


Dakota Staton [More Than The Most] Capitol ST1325

Dakota Staton [More Than The Most] Capitol ST1325


Dakota Staton[Sings Ballads And The Blues」Capitol T1387

Dakota Staton[Sings Ballads And The Blues」Capitol T1387


Dakota Staton[Softly]Capitol T1427

Dakota Staton[Softly]Capitol T1427


Dakota Staton[Dakota]Capitol ST1490

Dakota Staton[Dakota]Capitol ST1490


Dakota Staton ['Round Midnight] Capitol T1597

Dakota Staton ['Round Midnight] Capitol T1597


Dakota Staton [At Storyville] Capitol T1649

Dakota Staton [At Storyville] Capitol T1649


Dakota Staton [Live And Swinging] United Artists UAL 3312

Dakota Staton [Live And Swinging] United Artists UAL 3312

Howard McGheeの指揮による10人編成のバンドを従え、たニューポートでの63年のライブ盤。


Dakota Staton [With Strings] United Artists UAL3355

Dakota Staton [With Strings] United Artists UAL3355


Dakota Staton [From Dakota With Love] United Artists UAS6292

Dakota Staton [From Dakota With Love] United Artists UAS6292


Dakota staton「Madame Foo-Foo」Groove Merchant GM 510

Dakota staton「Madame Foo-Foo」Groove Merchant GM 510

こてこての「Congratulation To Someone」が格好良い。
Groove HolmesのOrganがさらに黒い


Dakota Staton [I Want A Country Man] Groove Merchant GM521

Dakota Staton [I Want A Country Man] Groove Merchant GM521


Dakota Staton [Ms. Soul] Groove Merchant GM532

Dakota Staton [Ms. Soul] Groove Merchant GM532


Dakota Staton[I've Been There] Verve V6-8799

Dakota Staton[I've Been There] Verve V6-8799


Dakota Staton [Dakota Staton] Muse  MR5401

Dakota Staton [Dakota Staton] Muse MR5401

90年のアルバム、Jazzセットだけれどブルースアルバム


Dakota Staton [A Packet Of Love Letters] High Note HCD7008

Dakota Staton [A Packet Of Love Letters] High Note HCD7008

晩年の秀作


NANCY WILSON [LIKE IN LOVE] CAPITOL T1319

NANCY WILSON [LIKE IN LOVE] CAPITOL T1319

彼女が他のDinah’s Childrenと違うのは洗練されたモダンさにあるのだと思う。
この初々しいデヴュー作はまだおきゃんな面も垣間見せるが、既に都会的センスが充満している。


NANCY WILSON [ SOMETHING WONDERFUL] CAPITOL ST1440

NANCY WILSON [ SOMETHING WONDERFUL] CAPITOL ST1440

2作目でもう大人の女に成長している。
何より彼女は美しい


NANCY WILSON [ THE SWINGIN'S MUTUAL] CAPITOL ST1524

NANCY WILSON [ THE SWINGIN'S MUTUAL] CAPITOL ST1524

NANCYとSHEARING、まさに洗練された都会の音
しっとりとした黒に、淡いサテンのアクセント、ぴったり合ったコラボレーション。
彼女の歌の部分と、Quintetの演奏の部分がスムーズにつながっている。


NANCY WILSON [ CANNONBALL ADDERLEY] CAPITOL T1657

NANCY WILSON [ CANNONBALL ADDERLEY] CAPITOL T1657

大恩人Cannonballとの競演。
彼がオハイオで彼女を見出した。
Capitolは彼女を決してJazz Singerとして売ろうとしなかった。
だからこそスターであり続けたのだが、ここではお洒落なJazz Vocalistである。
でも本当に素晴らしい容姿、褐色の肌に黄色のドレス、ヒールがたまらない。


NANCY WILSON [ HELLO YOUNG LOVERS ] CAPITOL S T1767

NANCY WILSON [ HELLO YOUNG LOVERS ] CAPITOL S T1767

Shearingのアレンジでしっとり唄う


 NANCY WILSON [ BROADWAY- MY WAY ] CAPITOL T1828

 NANCY WILSON [ BROADWAY- MY WAY ] CAPITOL T1828


NANCY WILSON [ HOLLYWOOD-MY WAY ] CAPITOL ST1934Hollywoodmyway

NANCY WILSON [ HOLLYWOOD-MY WAY ] CAPITOL ST1934Hollywoodmyway

Jimmy Jonesのオケで、映画主題歌、挿入歌でまとめたアルバム。唄に粘着性が出てきた。
ここでも黄色のドレス。


NANCY WILSON [ YESTERDAYS LOVE SONGS・TODAYS BLUES ] CAPITOL T2012

NANCY WILSON [ YESTERDAYS LOVE SONGS・TODAYS BLUES ] CAPITOL T2012

彼女の黒い哀切感はたまらない。
ジャケット写真がちょっと狆顔、セカンドプレスで美人顔に差し替えられた。


NANCY WILSON [ YESTERDAYS LOVE SONGS・TODAYS BLUES ] CAPITOL  ST2012

NANCY WILSON [ YESTERDAYS LOVE SONGS・TODAYS BLUES ] CAPITOL  ST2012

こちらが差し替えられた美人顔ジャケ、こちらのほうが彼女らしい気がするが。
CD化の再、また狆顔に戻されてしまった。


NANCY WILSON [ TODAY,TOMORROW,FOREVER ] CAPITOL T2082

NANCY WILSON [ TODAY,TOMORROW,FOREVER ] CAPITOL T2082

このアルバム以降タイトルにTodayが付くとポップなつくりの作品が多い。
CapitolはありきたりのpopsシンガーとしてNancyを使おうとしたのか?


NANCY WILSON [ THE NANCY WILSON SHOW ] CAPITOL SK T2136

NANCY WILSON [ THE NANCY WILSON SHOW ] CAPITOL SK T2136

レコードはpopになっていっても、彼女自身の持ち味はライブで再認識できる。
これぞアメリカのショウ・ビジネス


NANCY WILSON [ HOW GLAD I AM ] CAPITOL ST2155

NANCY WILSON [ HOW GLAD I AM ] CAPITOL ST2155

ソウルフル、時代も彼女も変わって行く。


NANCY WILSON [ TODAY-MY WAY ] CAPITOL ST2321

NANCY WILSON [ TODAY-MY WAY ] CAPITOL ST2321

またまたTodayがつくアルバムはPopなつくり.
アレンジャーはOliver Nelson、Sid Feller等豪華、時代のせいなのかますます黒い歌い方になってきた。


NANCY WILSON「GENTLE IS LOVE」CAPITOL ST2351

NANCY WILSON「GENTLE IS LOVE」CAPITOL ST2351

60年代中期の秀盤、「My One And Only Love」が切ない


NANCY WILSON [ A TOUCH OF TODAY ] CAPITOL T2425

NANCY WILSON [ A TOUCH OF TODAY ] CAPITOL T2425

これもポップスアルバム、ビートルズナンバーも入れて、この時代はポピュラー歌手はみんなこんなアルバムを作らされた。


NANCY WILSON [ FROM BROADWAY WITH LOVE ] CAPITOL T2433

NANCY WILSON [ FROM BROADWAY WITH LOVE ] CAPITOL T2433

久々のミュージカル物、やはりこういう企画だと彼女のよさが出てくる。


NANCY WILSON [ TENDER LOVING CARE ] CAPITOL T2556

NANCY WILSON [ TENDER LOVING CARE ] CAPITOL T2556

久々にジャージーな彼女が戻ってきた。
良い選曲、唄いこまれた歌唱、秀作。


NANCY WILSON [ NANCY-NATURALLY ] CAPITOL T2634

NANCY WILSON [ NANCY-NATURALLY ] CAPITOL T2634

更にブルージィにソウルフルに、黒い歌姫に酔わされる。


NANCY WILSON [ LUSH LIFE ] CAPITOL ST2757

NANCY WILSON [ LUSH LIFE ] CAPITOL ST2757

Jazzの唄を取り上げたからといってJazzではないが、完成された彼女の世界がある。


NANCY WILSON [ WELCOME TO MY LOVE ] CAPITOL ST2844

NANCY WILSON [ WELCOME TO MY LOVE ] CAPITOL ST2844

この時期の彼女の歌はひとつの頂点を極めつつあるといえばよいのだろうか、ひたすら彼女のフレーズに身を任せて聴かされてしまう。


NANCY WILSON [ BUT BEAUTIFUL ] CAPITOL

NANCY WILSON [ BUT BEAUTIFUL ] CAPITOL

azz Singerとしての彼女を捕らえた最良の作品だと思う。
この後もJazz Vocalの秀作を出し続ける起点となったアルバム。


Esther Phillips [Golden Souvenirs] Almor A-103

Esther Phillips [Golden Souvenirs] Almor A-103

Little Esther時代の録音 3曲が彼女


Esther_Phillips Release_Me!」 Lenox LX227

Esther_Phillips Release_Me!」 Lenox LX227

ナッシュビルで録音したカントリー曲集。
あくの強いブラック・ソウルでカントリーを唄う企画。
タイトル曲がヒット。
Atlantic移籍後、この録音も「The Country Side Of Esther Phillips」Atlantic8130として再リリースされることに。


Esther Phillips「And I Love Him」Atlantic SD-8102

Esther Phillips「And I Love Him」Atlantic SD-8102

傑作


Esther phillips [Esther Phillips Sings」 Atlantic SD 8122

Esther phillips [Esther Phillips Sings」 Atlantic SD 8122

スタンダード集、でも黒い


Esther Phillips 「The Country Side Of Esther Phillips」 Atlantic 8130

Esther Phillips 「The Country Side Of Esther Phillips」 Atlantic 8130

Lenox時代のヒット曲/アルバム「Release Me」に数曲入れ替えをして再発


Esther Phillips 「Live At Freddie Jett's Pied Piper L.A.」Atlantic SD-1560

Esther Phillips 「Live At Freddie Jett's Pied Piper L.A.」Atlantic SD-1560

Cornell Dupree-Guitar、Jack Willson-Piano、Richard Tee-Organ,Ike Isaacs-A.Bass,Chack Rainey-E.Bass、Donald Bailey-Drumという凄いバッキング。
更にレコードではKing Curtisがオーヴァーダビングされているという凝ったもの。


Esther Phillips 「Confessin' Blues」Atlantic SD-1680

Esther Phillips 「Confessin' Blues」Atlantic SD-1680

「Cherry Red」が良い


Esther Phillips 「From A Whisper To A Scream」 KUDU 05

Esther Phillips 「From A Whisper To A Scream」 KUDU 05

Kuduの1St、秀作


Esther Phillips 「Alone Again Naturally」 KUDU 09

Esther Phillips 「Alone Again Naturally」 KUDU 09

Kuduの初期は甲乙つけがたい。


Esther Phillips 「Black Eyede Blues」 KUDU 14

Esther Phillips 「Black Eyede Blues」 KUDU 14


Esther Phillips 「Performance」 KUDU18

Esther Phillips 「Performance」 KUDU18


Esther Phillips 「What A Diffrence Day Makes」 KUDU 23

Esther Phillips 「What A Diffrence Day Makes」 KUDU 23

ご存知大ヒットアルバム、しかしJo Beckのアレンジが。


Esther Phillips 「For All You Know」 KUDU 28

Esther Phillips 「For All You Know」 KUDU 28

前作に引き続きDinahへのトリビュートなのだけれど、Beckのアレンジが....時代はディスコ。


Esther Phillips 「Capricorn Princes」 KUDU 31

Esther Phillips 「Capricorn Princes」 KUDU 31

Kuduの最終作、来日したときのあの「おばさん」がこんな綺麗なジャケットに......


Esther Phillips 「You've Come Along Way Baby」 Mercury SRM-1-1187

Esther Phillips 「You've Come Along Way Baby」 Mercury SRM-1-1187

Mercuryに移籍、ポップです。


Esther Plillips 「All About」SRM 1-3733

Esther Plillips 「All About」SRM 1-3733

Mercuryの2枚目
前作より重厚、落ち着いて聴ける好盤


Esther Phillips 「Here's Esther Are You Ready」 Mercury SRM 1-3769

Esther Phillips 「Here's Esther Are You Ready」 Mercury SRM 1-3769

Mr.Melodyなんて結構ラジオから流れていました。
彼女の生涯のアルバム中一番軽いアルバムではないかと思う。


Esther Phillips 「Good Back Is Hard To Crack」Mercury 1-4005

Esther Phillips 「Good Back Is Hard To Crack」Mercury 1-4005

Mercuryでのラストアルバム、この3年後、
彼女は肝・腎不全で亡くなってしまう、享年48歳。


Etta Jones「Osculate Me Daddy」1946-1947 Offical6000

Etta Jones「Osculate Me Daddy」1946-1947 Offical6000

46年~47にVctoreに吹き込んだ音源の再発盤。当時彼女は18~19歳、歌声はとても可憐、後年のアクはほとんど感じられないがとても情感あふれる唄。


Etta Jones [Etta Jones  Sings]King 707

Etta Jones [Etta Jones Sings]King 707

Prestigeでブレクする前、King時代のアルバム。Victor録音と同一人と思えない個性的な唄いかたが....


Etta Jones 「Don't Go To Strangers」Prestige7186

Etta Jones 「Don't Go To Strangers」Prestige7186

Prestigeでの1St。
タイトル曲がヒットし、個性的な唄い方もメジャーに。


Etta Jones「Something Nice」 Prestige 7194

Etta Jones「Something Nice」 Prestige 7194

あくの強い歌唱と選曲の絶妙なマッチング


Etta Jones 「So Warm」Prestige 7204

Etta Jones 「So Warm」Prestige 7204

Prestige前期は佳作ぞろい。


Etta Jones「From The Heart」Prestige 7214

Etta Jones「From The Heart」Prestige 7214

Oliver Nelsonのオケでしっとりと


Etta Jones「Lovely And Blue」Prestige 7241

Etta Jones「Lovely And Blue」Prestige 7241

アルバムジャケットにあまり良いものが無い彼女のレコードの中ではセンスが良いアルバム。


Etta Jones「Love Shout」Prestige7272

Etta Jones「Love Shout」Prestige7272

Kenny Burrellを含んだ2つのセッション。


Etta Jones 「Hollar!」 Prestige 7284

Etta Jones 「Hollar!」 Prestige 7284

残り物には福あり的アルバム、ジャケットは最悪、でもこのレーベルにはこんなジャケットが多い。


Etta_jones_[Etta Jones Sings With Juior Mance Kenny Burrell Frank Wess ~]Roulette

Etta_jones_[Etta Jones Sings With Juior Mance Kenny Burrell Frank Wess ~]Roulette

プレステッジを離れても巨匠たちと。
この後しばらく公式レコーディングが無い時代に。


Etta Jones [Etta_Jones75] 20th Century W203

Etta Jones [Etta_Jones75] 20th Century W203

久々のレコーディング、彼女の新時代の始まり


Etta Jones 「Ms. Jones To You」 Muse 5099

Etta Jones 「Ms. Jones To You」 Muse 5099

Museに入ってますますアクが強くなった。


Etta Jones [My_Mothe's_Eyes] Muse 5145

Etta Jones [My_Mothe's_Eyes] Muse 5145


Etta Jones 「If You Could See Me Now」 Muse 5157

Etta Jones 「If You Could See Me Now」 Muse 5157

Muse時代はHouston Personのプロデュース。


Etta Jones 「Save Your Love For Me」 Muse 5214

Etta Jones 「Save Your Love For Me」 Muse 5214

オハイオでのコンサートが終わったあと、帰る彼女に声をかけもらったサインつきのアルバム


Etta Jones 「LoveMe With All Your Love」 Muse 5262

Etta Jones 「LoveMe With All Your Love」 Muse 5262


Etta Jones 「I'll Be Seeing You」 Muse 5351

Etta Jones 「I'll Be Seeing You」 Muse 5351


Etta Jones 「Sugar」 Muse 5379

Etta Jones 「Sugar」 Muse 5379


Aretha Franklin [The First 12 Sides]Columbia 31953

Aretha Franklin [The First 12 Sides]Columbia 31953

Columbiaでのデビューアルバム「Aretha With Ray Bryant Combo(Columbia CS8412)」に1曲足して再発したもの。
Ray Bryantのコンボがサポートしているからと言って決してJazzではない。


Aretha Franklin [The Electrifying Aretha Franklin]Columbia P11492(CS8561)

Aretha Franklin [The Electrifying Aretha Franklin]Columbia P11492(CS8561)

ジャズとブルース(R&B)の美味しい狭間


Aretha Franklin [The Tender, The Moving, The Swinging]Columbia CS8676

Aretha Franklin [The Tender, The Moving, The Swinging]Columbia CS8676

更にジャージィに、この頃のColumbiaの戦略はスタンダード歌手で大成させようとしていたのか?


Aretha Franklin [Runnin’ Out Of Fool]Columbia CL2281

Aretha Franklin [Runnin’ Out Of Fool]Columbia CL2281

路線変更か,ポップでソウルフルな彼女が聞ける.


Aretha Franklin [Unforgettable A Tribute To Dinah Washington]Columbia CL2163

Aretha Franklin [Unforgettable A Tribute To Dinah Washington]Columbia CL2163

彼女の大アイドルDinah Washingtonのトリビュートアルバム。


Aretha Franklin [Laughing On The Outside]Columbia CL2079

Aretha Franklin [Laughing On The Outside]Columbia CL2079

スタンダードを黒く唄う、会社の方針は固まったのだけれどJazzファンR&Bファンどちらからも強い支持が受けられなくなって。


Aretha Franklin [Take A Look]Columbia CS9554

Aretha Franklin [Take A Look]Columbia CS9554

これも編集盤、既発とのかぶりも多いけれどいい曲が多い。
寄せ集めなのでアルバムの雰囲気に統一性なし。
ただし現在までの全リリースアルバムを通してみても最高に美人に写っているジャケが魅力。


Aretha Franklin [Take It Like You Give It]Columbia CS9429

Aretha Franklin [Take It Like You Give It]Columbia CS9429

既にAtlanticへ移籍後の残り物編集盤、でも内容は次の時代を予感させるものばかり。


Aretha Franklin [Soul Sister]Columbia CS9321

Aretha Franklin [Soul Sister]Columbia CS9321

タイトルどおりソウル満載、でもAtlanticとは何かが違う。


Aretha Franklin [Yeah!!!]Columbia CS9151

Aretha Franklin [Yeah!!!]Columbia CS9151

この時代ありがちな擬似ライブ、どんな曲でも真っ黒


Ruth Brown「Ruth Brown」Atlantic8004

Ruth Brown「Ruth Brown」Atlantic8004

ヒット曲満載の初アルバム。
ロッキン・ジャズからリズム・アンド・ブルースへ。


Ruth Brown「R.B.Blues」Atlantic P-6189A

Ruth Brown「R.B.Blues」Atlantic P-6189A

日本で編集されたアルバム、1stの続編の位置づけ、バラードも多い。


Ruth Brown「Late Date With Ruth Brown」Atlantic 1308

Ruth Brown「Late Date With Ruth Brown」Atlantic 1308

スタンダードを歌った,Jazzセットのアルバム、いよいよ美味しい時期に。


Ruth Brown「Along Comes Ruth」Philips PHS600-028

Ruth Brown「Along Comes Ruth」Philips PHS600-028

Philipsへ移籍、R&B路線のアルバム。
「Mama, He Treats Youre Daughter Mean」等Atlantic時代の再録も多いが、更にモダン。


Ruth Brown「Ruth Brown 65」Mainstream S/6034

Ruth Brown「Ruth Brown 65」Mainstream S/6034

ストリングスをバックにバラードを唄う。
とてもアーシー。


Ruth Brown「The Big Band Sound Of Thad Jones・Mel Lewis Featuring Miss Ruth Brown」Solid State SS18041

Ruth Brown「The Big Band Sound Of Thad Jones・Mel Lewis Featuring Miss Ruth Brown」Solid State SS18041

サド・メルとのコラボ。
当然Jazzセットなのだけれど、かなり黒い!


Ruth Brown「The Real Ruth Brown」Cobblestone 9007

Ruth Brown「The Real Ruth Brown」Cobblestone 9007

Piano & Organ Richard Tee、Guiter David Spinoza、Drums Bernard Purdie、時代は70年とくればどんな音造りか判る。
Ron Carterがエレキ・ベースを弾いている。
黒光りする唄。


Ruth Brown「Have A Good Time」 Fantasy F9661

Ruth Brown「Have A Good Time」 Fantasy F9661

Fantasyでの1stはライブ盤。
JazzとBluesとR&Bの絶妙な配分


Ruth Brown「Blues On Broadway」Fantasy F9662

Ruth Brown「Blues On Broadway」Fantasy F9662

スタンダードをブルースで唄う、まさに美味しい一枚。
Hank CrawfordとRed Hollway、黒いサックスが絡む。


Ruth Brown「The Soul Survives/Ruth Brown Testifying At Blues Alley、Washington DC」Flair PG8201

Ruth Brown「The Soul Survives/Ruth Brown Testifying At Blues Alley、Washington DC」Flair PG8201

80年代のライブ。
アトランティック時代の曲を含めて過去の既録音曲を中心に。
雰囲気はもう,Bluesライブ!
ギターにBilly Butlerが入っているのが嬉しい。


Etta James「Etta James Sings」United US7712

Etta James「Etta James Sings」United US7712

Modern-Kent時代のリイシュー盤
R&Bチャート6位まで上った「Good Rockin’ Daddy」が聴ける。
ジャケット写真はモデル、Ettaではないので御間違えないよう。


Etta James「The Best Of Etta James」Crown CLP5234

Etta James「The Best Of Etta James」Crown CLP5234

こちらもModern-Kent時代の録音集、ジャケット写真は本人。


Etta James「At Last」Argo LP4003

Etta James「At Last」Argo LP4003

Chess入社、方針はソウルフルなジャズ・バラード歌手。
思惑が当たって名盤に。


Etta James[The Second Time Around] Argo4011

Etta James[The Second Time Around] Argo4011

スタンダード・バラードをソウルフルに唄う第2弾。 アルバムタイトルは2枚目のアルバムという意味からつけられたのか? 当時のヒット曲「The Second Time Around」が入っていないというのが不思議。 やっと入手したオリジナルモノラルプロモ盤
ジャケットに少々ダメージはあるものの音は凄い!
さすがオリジナルモノラル!


Etta James「Etta James」Argo 4013

Etta James「Etta James」Argo 4013

残念ながらこれはアナログではなくCDで入手。前作2作に対し圧倒的にソウル度が増している。


Etta James [Topten]  Cadet4025

Etta James [Topten] Cadet4025

4025Cadet4枚のアルバムはシングルヒット集。
残念ながらこれは リイシュー盤


Etta James 「Song For Lovers」 Argo LP4018

Etta James 「Song For Lovers」 Argo LP4018

しっとりとしたスタンダード集。
同時期Columbiaもアレサを同じ趣向で売ろうとしたのだけれどこういう名盤は生まれなかった。
資質の違いか?


Etta James 「Rocks The House」 Argo 4032

Etta James 「Rocks The House」 Argo 4032

いよいよソウル路線に!
物凄く熱いライヴ。


Etta James「Queen Of Soul」Argo4040

Etta James「Queen Of Soul」Argo4040

バリバリのソウルクイーンになって驀進中


Etta James「Call My Name」Cadet 4055

Etta James「Call My Name」Cadet 4055

残念ながらこれもCDで入手。


Etta James「Tell Mama」 Cadet LPS802

Etta James「Tell Mama」 Cadet LPS802

Chess社内でレーベル移動、Cadetからのヒットアルバム。
Rick Hallをプローデューサーに迎えマッスルショールズで録音されたソウルの名盤。


Etta James「Etta James Sings Funk」Cadet 832

Etta James「Etta James Sings Funk」Cadet 832

このあたりもアナログ入手が厳しくCDでの入手。
69年録音で既にファンクって言葉が!


Etta James[Losers Weepers] Cadet 847

Etta James[Losers Weepers] Cadet 847

Soulバラードのタイトル曲も良いけれど、スタンダードのFor All You Knowの解釈がこのころの彼女らしい。


Etta James 「Etta James」 Chess 50042 

Etta James 「Etta James」 Chess 50042 

70年代はますますソウルフル。


Etta James 「Come A Little Closer」 Chess 91509

Etta James 「Come A Little Closer」 Chess 91509

Chuck Rainey、Wah Wah Watson、Danny Kortchmar、Lowell Georgeなんて面子でバックを固めた秀盤


Etta James「Etta Is Betta Than Evvah!]Chess 19003

Etta James「Etta Is Betta Than Evvah!]Chess 19003

Chessでのラストアルバム


Etta James 「Deep In The Night」 Warner Brothers BSK3156

Etta James 「Deep In The Night」 Warner Brothers BSK3156

Jerry Wexlerのプロデュース、Cornell Dupree,Larry Carlton、Chuck Raineyなどを起用。


Etta_James「Changes」MCA 3244

Etta_James「Changes」MCA 3244

よりファンキーに、Allen Toussaintプロデュースのニューオリンズ録音。


Etta James 「Blues In The Night」 Fantasy F9647

Etta James 「Blues In The Night」 Fantasy F9647

スタンダードとR&BのEttaが帰ってきた。
Cleanhead VinsonとのライブアルバムのVol.1、バックも豪華


Etta James 「Late Show」 Fantasy F9655

Etta James 「Late Show」 Fantasy F9655

Cleanhead Vinsonとのライヴ盤のVol.2.
豪華なバッキングメンバーはSax Red Holloway、Hammond B3 Jack McDuff、Guitar Shuggie Otis、Drum Paul Humphreyの面々。


Etta James 「Seven Year Itch」 Iland 91018-1

Etta James 「Seven Year Itch」 Iland 91018-1

80年代の最後を飾る秀盤


Etta James 「Sticki In To My Gun」 Island 842926-1

Etta James 「Sticki In To My Gun」 Island 842926-1

ブルース・ロック?、レコード会社も音楽性も定まらない時期。


Etta James「The Right Time」 Elektra 61347

Etta James「The Right Time」 Elektra 61347

前作とはうって変って、痛快なブルースアルバム。
彼女にはマスル・ショールズが合っている。


Etta James「Mystery Lady」Private Music 82114-2

Etta James「Mystery Lady」Private Music 82114-2

Billy Holdayへのトリビュートアルバム、もう張り切った声のEttaはここにはいないけれどJazzとsoulの狭間を一歩すすんでさらにJazzよりに。


Etta James「Live From San Francisco」 Private Music 82125

Etta James「Live From San Francisco」 Private Music 82125

81年のソウルフルなライブ盤


Etta James 「Time After Time」 Private Music 10058 21282

Etta James 「Time After Time」 Private Music 10058 21282

やっと落ちついて録音できるレーベル Private Musicに移籍
スタンダード歌手の時代が始まった。


Etta James 「Life, Love & Blues」 Private Music 01005 82162 2

Etta James 「Life, Love & Blues」 Private Music 01005 82162 2

渋いブルースアルバム。


Etta James 「12  Songs Of Christmas」 Private Music 82166

Etta James 「12  Songs Of Christmas」 Private Music 82166

ジャズィでソウルフル


Etta James 「Heart Of A Woman」 Private Music 1005 82180 2

Etta James 「Heart Of A Woman」 Private Music 1005 82180 2

加齢とともに声が渋くなって。
スタンダードアルバムだけれどソウルフル、At Lastのスタジオ再録が聴ける。


Etta James 「Blue Gardenia」 Private Music 1934 115802

Etta James 「Blue Gardenia」 Private Music 1934 115802

ブルージィなスタンダードアルバム、選曲が良い。
Dinah Washingtonへのトリビュート風


Etta James 「All The Way」RCA Victor 7914

Etta James 「All The Way」RCA Victor 7914

唄も好調だけれどアレンジも良い。


Ethel Ennis 「Lullabys For Losers」Jubilee LP1021

Ethel Ennis 「Lullabys For Losers」Jubilee LP1021

全編を漂う哀愁感、なぜ一声一声にこんなに切なさがあるのだろう。
http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/ethelennislulla_73a5.html
残念ながらオリジナル盤ではなくフレッシュサウンド・プレス


Ethel_Ennis「Ethel_Ennis」Pickwick SPC3021

Ethel_Ennis「Ethel_Ennis」Pickwick SPC3021

「Lullabys For Losers」Jubilee LP1021からLove For Saleを抜いて再発。


Ethel Ennis「Change Of Scenery」Capitol T941

Ethel Ennis「Change Of Scenery」Capitol T941

EthelのCapitolでの1枚目、デビュー通算2枚目と言うことでちょっと大人のエセルが楽しめる1枚。
http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/ethelennischang_0541.html


Ethel Ennis「Have_You_Forgotten?」Capitol T1078

Ethel Ennis「Have_You_Forgotten?」Capitol T1078

傑作。
少し大人になったEthel、テクニックがついてきて哀切感の出し方も上手い。


Ethel Ennis「This_Is Ethel Ennis」Victor LPM2786

Ethel Ennis「This_Is Ethel Ennis」Victor LPM2786

Victorに移っての1St.
会社の方針かポップな雰囲気もあるけれど、バラードでの哀切感は更に磨きがかかって。


Ethel Ennis「Once_Again...」Victor LPS2826

Ethel Ennis「Once_Again...」Victor LPS2826

ジャズ・ヴォーカルでは無くポピュラー・ヴォーカル。

Love For Saleの再演もいいが、Mr.Wonderfulが最高。


Ethel Ennis「My Kind Of Waltztime」Victor LPM2986

Ethel Ennis「My Kind Of Waltztime」Victor LPM2986

キャッチーなポップ曲にしっとりしたバラードからませるというちょっと落ち着きの無い作品ではあるが、垣間見せる哀切感が聴きたくてつい棚から取り出してしまう盤。
http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/ethelennismykin_06eb.html


Ethel Ennis「Eyes_For You」Victor LPS2984

Ethel Ennis「Eyes_For You」Victor LPS2984

「Lullabys For Losers」が有名になる前はEthelといえばこのアルバムだった。
ある意味頂点ともいえる作品。


Ethel Ennis「10_Side Of Ethel Ennis」BASF BB25121

Ethel Ennis「10_Side Of Ethel Ennis」BASF BB25121

彼女にいろんなことをやらせて、成功しているかというと....?


Ernestine Anderson [ Hot Cargo!] Mercury MG20354

Ernestine Anderson [ Hot Cargo!] Mercury MG20354

結局これを超えられない 1stアルバム


Ernestine Anderson 「It's Time」Baybride ULS6073B

Ernestine Anderson 「It's Time」Baybride ULS6073B

[ Hot Cargo!] にDuke Jordon Trioとの4曲を加えたコンプリート・ストックホルム・セッション


Ernestine Anderson  [ The Toast Of The Nation's Critics] Mercury MG20400

Ernestine Anderson [ The Toast Of The Nation's Critics] Mercury MG20400


Ernestine Anderson [ The Fascnating Ernestine] Mercury MG20492(15PJ37)

Ernestine Anderson [ The Fascnating Ernestine] Mercury MG20492(15PJ37)


Ernestine Anderson [Moanin' Moanin' Moanin'] Mercury MG20582(15PJ37)

Ernestine Anderson [Moanin' Moanin' Moanin'] Mercury MG20582(15PJ37)


Ernestine Anderson [My Kinda Swing] Mercury MG20496(sfx10528)

Ernestine Anderson [My Kinda Swing] Mercury MG20496(sfx10528)


Ernestine Anderson「Miss Ernestine Anderson」Columbia EMI SX6145

Ernestine Anderson「Miss Ernestine Anderson」Columbia EMI SX6145

Mercuryを離れてからConcordと契約を結ぶまでの不遇のヨーロッパ時代の1枚。
内容がすばらしいイギリス録音盤


Ernestine Anderson[Hellow Like Befor] Concord CJ31

Ernestine Anderson[Hellow Like Befor] Concord CJ31

コンコード移籍第1弾
かつては過去の諸作を超えた1枚といわれたものだけれど


Ernestine Anderson [Sunshine] Concord CJ109

Ernestine Anderson [Sunshine] Concord CJ109


Ernestine Anderson [Never Make Your Moove Too Soon] Concord CJ147

Ernestine Anderson [Never Make Your Moove Too Soon] Concord CJ147


Ernestine Anderson [Big City] Concord CJ214

Ernestine Anderson [Big City] Concord CJ214


Ernestine Anderson[When The Sun Goes Down] Concord CJ263

Ernestine Anderson[When The Sun Goes Down] Concord CJ263

彼女にしてはブルージィ


Lorez Alexandria 「This Is Lorez」 King 542

Lorez Alexandria 「This Is Lorez」 King 542

1Stアルバムがこんな素晴らしいなんて。


Lorez Alexandria「Lorez Sings Pres: A Tribute to Lester Young」King 565

Lorez Alexandria「Lorez Sings Pres: A Tribute to Lester Young」King 565

LorezのKINGでの2枚目
Lesterの愛奏曲を歌うライヴ盤


Lorez Alexandria「The Band Swings, Lorez Sings」King657

Lorez Alexandria「The Band Swings, Lorez Sings」King657

フルバンドをバックにジャヤーズィに


Lorez Alexandria[Singing Songs Everyone knows]King(Sing)676

Lorez Alexandria[Singing Songs Everyone knows]King(Sing)676

KINGでのラストアルバムはストリングスを入れたオケで。
But Beautifle、Angel Eyesは後にImpulseで再録。

この盤は残念ながらSingでの再発盤。
ジャケット写真は白人のモデル


Loez Alexandria[Eary In The Morning] Argo LP663

Loez Alexandria[Eary In The Morning] Argo LP663

Argoでの1Stは同レーベルの売れっ子コンボRamsey Lewis Trioをバックに従えて。
King時代よりブルージィ


Lorez Alexandria「Sing No Sad Song For Me」Argo LP682

Lorez Alexandria「Sing No Sad Song For Me」Argo LP682

前作とは打って変わってストリングス入りのオケをバックにしっとりと。


Lorez Arexandria「Deep Roots」Argo LP694

Lorez Arexandria「Deep Roots」Argo LP694

再びピアノトリオをバックに更に技巧的に


Lorez Arexandria「For Swingers Only」Argo720

Lorez Arexandria「For Swingers Only」Argo720

Argoでのラストアルバム、このころからトレードマークの金髪のウイッグをつけるのはEtta Jamesの影響?


Lorez Arexandria「The Great」Impulse A62

Lorez Arexandria「The Great」Impulse A62

名前のとおり偉大なアルバム。
実はArexandria The Greate=アレキサンダー大王をもじったもの


Lorez Alexandria「More Of The Great」Impulse A76

Lorez Alexandria「More Of The Great」Impulse A76

Impulse A-62「The Great」と同時期の録音。
私的には選曲、ジャケともこちらのほうが好み、本当に素晴らしいアルバム。


Lorez Alexandria [Didn't We] Pzazz LP320

Lorez Alexandria [Didn't We] Pzazz LP320

King-Argo-Impulseと途切れることなく順調にメジャーレーベルへステップアップ
して録音を行ってきたきた彼女だったはずが、Impulesの「More Great」から録音が
途絶え次にリリースしたのはマイナーレーベル[Pzazz」から。
内容はストリングスをバックにしたソウルフルでゴージャスなもの。


Lorez Alexandria[From Broadway To Hollywood]TRIO PAP9146

Lorez Alexandria[From Broadway To Hollywood]TRIO PAP9146

録音の機会が少なかった不遇の70年代日本のTRIOによって企画制作されたアルバム。企画が成功しているかと言えばマッチングしていないアレンジの曲もあるけれど、次のDiscovery時代の成功につながる貴重なレコーディングになった。


Lorez Alexandria 「A Wwoman Knows」Discovery DS800

Lorez Alexandria 「A Wwoman Knows」Discovery DS800

60年代後半から70年代にかけてレコーディングの機会が減ってしまったが70年代後半Discovery-Trendと契約、精力的にアルバムを発表。
声の艶は若いころには及ばないけれど更に黒くコクのある声が良い。
ざんねんながらピアノがあまり良くない。


Lorez Arexandria 「The Songs Of Johnny Mercer Vol.1」Discovery DS826

Lorez Arexandria 「The Songs Of Johnny Mercer Vol.1」Discovery DS826

ここから4年かけてJohnny Mercer集を録音していていく。


Lorez Arexandria 「Sing The Songs Of Johnny Mercer Vol.2 Harlem Butterfly」Discovery DS905

Lorez Arexandria 「Sing The Songs Of Johnny Mercer Vol.2 Harlem Butterfly」Discovery DS905

説得力!


Lorez Alexandria 「The Songs Of Johnny Mercer Vol.3 Tangerine」 Trend TR538

Lorez Alexandria 「The Songs Of Johnny Mercer Vol.3 Tangerine」 Trend TR538

Johnny Mercer集の最終作はギター John Collins,ドラム Jimmie Smith等バックのサポートも最高


Lorez Alexandria 「My One And Only Love」SonyFCCP30747

Lorez Alexandria 「My One And Only Love」SonyFCCP30747

80年代の名盤28AP3312の再発
かつて彼女が録音した名曲の再録音集
Impulsの「Lorez Alexandria The Great」での名唱My One And Only Loveをタイトルにした秀盤


Lorez Alexandria 「Dere To My Heart」 Trend TR547

Lorez Alexandria 「Dere To My Heart」 Trend TR547

Lorez57歳、決して衰えない、常に前作より良いものを作っていく気概が。


LaVern Baker [LaVern]Atlantic8002

LaVern Baker [LaVern]Atlantic8002

1stアルバム、スタンダードをアーシィに。
名盤、残念ながらこれはCD


LaVern Baker [LaVern Baker」Atlantic 8007

LaVern Baker [LaVern Baker」Atlantic 8007

ノベルティなA面に重厚なB面


LaVern Baker 「Sings Bessie Smith」 Atlantic 1281

LaVern Baker 「Sings Bessie Smith」 Atlantic 1281

ブルースの皇后にささげた迫力のアルバム。
残念ながら再発盤


LaVern Baker「Blues Ballads」 Atlantic 8030

LaVern Baker「Blues Ballads」 Atlantic 8030

ブルースとバラードの絶妙な配分が冴える名盤


LaVern Baker 「Saved」 Atlantic 8050

LaVern Baker 「Saved」 Atlantic 8050

60年代のポップでソウルフルなアルバム


LaVern Baker 「Live In Hollywood '91」P-Vine PCD1846

LaVern Baker 「Live In Hollywood '91」P-Vine PCD1846

長い芸暦に裏打ちされた重厚なライブ盤、往年のヒット曲のオンパレード