キャッチーなポップ曲にしっとりしたバラードからませるというちょっと落ち着きの無い作品ではあるが、垣間見せる哀切感が聴きたくてつい棚から取り出してしまう盤。
http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/ethelennismykin_06eb.html