bluesvoice.cocolog-nifty.com > GUITAR PLAYER

Shuggie Otis  「Preston Love’s Omaha Bar-B-Q」(原盤 Kent KST540)

Shuggie Otis  「Preston Love’s Omaha Bar-B-Q」(原盤 Kent KST540)

30年以上も昔買ったオムニバスアルバムに入っていた「Shuggie’s Chittlin’ Blues」。
悠々と流れるホーンセクションをバックにShuggieの格好いいスローブルースギターが聴ける名演。
当時はなんと言うアルバムに入っているのか判らず、代わりに「Cold Shot」「Here Come Shuggie Otis」とリーダーアルバムを集めだし、最終的にすっかり彼にはまってしまった。
ネットの世界は何でも調べられる、その「Shuggie’s Chittlin’ Blues」が収められているのがこのPreston Loveのアルバム。
当時Shuggieは14歳、Cold Shotで弾いていたMustangがこのアルバムではStratocasterに。変幻自在のプレイはこの年齢であることを信じさせない。